【塊根植物】アデニウムの花が咲かない訳とは?

植物と暮らす

今回は塊根植物のアデニウムの花が咲かない理由について解説していきます。

まずはアデニウムとはどんな植物なのかについて

アデニウムは、熱と太陽を愛するアフリカの多肉植物です。灰色の幹の太くて球根状の基部は、植物に特徴を追加します。

アデニウムは、屋外の暖かく霜のないゾーンのベッドで栽培できますが、通常、暖かく明るい部屋で冬を保護しやすくするために、コンテナで栽培されます。なので一般の方の場合は自分の部屋の中でアデニウムを冬は育てましょう。

花を咲かすアデニウムの育て方

暖かい季節には、鉢植えの植物に半日以上屋外で日光を当てるようにしましょう。成長期には水をやりますが、土がよく排水されることを確認してください。湿りすぎた土壌はアデニウムを枯らせる理由になります。冬や秋は基本的に軽く湿っている程度で大丈夫です。

また、植物は少なくとも年に一度開花する場合は、より多くの開花を促進するために良い成長を促し、数時間の日光を提供してください。春と夏の間にバランスの取れた肥料を数回適用します。リンは開花を促進するのに役立つかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました