『るろうに剣心 』四乃森蒼紫(しのもり あおし)のプロフィールまとめ

動画サービス

四乃森蒼紫(しのもり あおし)

江戸城において警護を務めた御庭番衆最後の御頭で、15歳にしてその座を継いだ天才。大政奉還の後、明治政府は御庭番衆の中で彼だけに要職を用意していたが(陸軍の諜報部から大物政治家の護衛までピンキリだったらしい)、彼自身はどこにも仕官の口がなく生活の術がない部下達を見捨てることができなかったため、政府からの誘いを全て断り、部下達と共に戦いを求めて彷徨っていた。

『東京編』で初登場。この時は武田観柳の用心棒であり、幕末最強と謳われた人斬り抜刀斎を倒して御庭番衆こそが最強であることを示そうとするが、剣心の前に敗北。加えて観柳に裏切られ部下を失って(観柳の機関砲で部下が自ら盾に撃たれ青紫を守り死亡)しまい、以後、死んだ部下の墓前に最強の二文字を添えるために修羅と化す。 アニメ版では観柳邸で剣心と戦う前に左之助と一戦交えており、手刀の一撃で容易く打ち倒している。

『京都編』では志々雄真実と同盟を組み、志々雄一派のアジト・百識の間で剣心と再戦する。この時、葛藤の末、観柳の用心棒に流れつく前の、本来の御庭番衆御頭・四乃森蒼紫としての誇りを取り戻した。その後、剣心と志々雄の最終決戦に姿を見せ、一度は志々雄の技の前に倒れた剣心のために時間稼ぎをする。

『人誅編』では、御庭番衆の最後を締めくくる御頭として外法の悪党は外法の力を以て葬るという信念を見出し、外印と朱雀を撃破している。また剣心と縁の決着がついた後、『東京編』で亡くした部下を京都に改めて葬り直した模様。

なお、明治16年時点では戦いから身を引いており、葵屋の主になっている(『剣心皆伝』にてそのことが明かされている)。『春に桜』では、操を連れて久しぶりに剣心たちの下を訪れており、裏では多少の調査・探索を行っている旨が語られた。『明日郎 前科アリ(異聞)』ではラストシーンで操と共に五重塔を訪れている。

『るろうに剣心 』のあらすじ

東京編


物語の序盤(テレビアニメ化の際に便宜的に付けられた名称)。主に剣心と薫・弥彦・左之助の出会いなど。単行本ではエピソードごとに「斬左編」「黒笠編」「恵編」「雷十太編」とされている。アニメでは、オリジナルストーリーとして「真紅の海賊編」が加わる。

京都編


政府に恨みを持つ、志々雄真実一派の武力による明治政府転覆を阻止する物語。戦いの場は京都と指定されたため、剣心たち一行も東京を離れ現地に活動拠点を置くこととなる。「斎藤一編」(単行本での名称)は東京が舞台であるが、『剣心華伝』では京都編のエピソードとされている。

人誅編


剣心が人斬り抜刀斎として剣を揮っていた幕末時代に、姉・雪代巴(抜刀斎の妻)を殺された雪代縁を中心に、抜刀斎への復讐を目的に集まった六人の同志たちとの私闘を描いた物語。「人誅」とは、「天が裁かぬならば自分たちが裁く」という意味であり「天誅」から変化した造語。
この中で剣心が語る過去の話は、のちに『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 追憶編』のタイトルでOVA化された。

るろうに剣心漫画&グッズ

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

るろうに剣心 豪華版 [Blu-ray]

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました