【Summary】Jujutsu KaisenVol. 7

漫画/manga

Although the technical college rejected the attacks of the special-grade ghost, Hanago, etc., the finger of the inn and the special-grade spell “Kusozu” were robbed. A new threat born from the incarnation of Kusōzu-without knowing the crisis, the tiger canes go to exterminate the “ghost that appears at the gate” …!?

Jujutsu KaisenVol. 7

呪術廻戦7巻

53話「完遂」

54話「呪術甲子園」

55話「起首雷同(きしゅらいどう)」

56話「起首雷同ー弐ー」

57話「起首雷同ー参ー」

58話「起首雷同ー肆ー」

59話「起首雷同ー伍ー」

60話「起首雷同ー陸ー」

61話「起首雷同ー漆ー」

Summary

It turns out that the mysterious bob kid is with summer oil. Fushiguro’s older sister, Miki Tsu, turns out to be sleeping due to a curse. Fetish Kusōzu was awakened by a special grade spell. Blood coating (Kechizu), disfigurement (Eso) is the 3rd and 2nd sons of the Kusōzu

Impressions

【HINT】

真人たちの目的は高専保有分の特級呪物両面宿儺の指6本と特級呪物の呪胎九相図1番~3番の確保。青春という時間を大事にしている五条の言葉に、東堂は即答する。その内容は、下記。

1.故人を偲ぶのは当人たちとゆかりのある者達の特権。

2.後天的強さは結果の積み重ね。敗北を噛みしめ勝利を味わう。そうやって俺たちは成長する。人死にが出たのならば、求められているのは強くなること。

3.学生時代の不完全燃焼感は死ぬまで尾を引く。

宿儺の指が6月の虎杖の受肉をきっかけに、呪力を開放したことによる共振。用務員が言った言葉の中で『卒業から20年近く経つ』という言葉。

タイトルとURLをコピーしました