【HUNTER×HUNTER】ナックル=バイン/天上不知唯我独損(ハコワレ)のプロフィールまとめ

動画サービス

ナックル=バイン

ビーストハンター。放出系能力者。モラウの弟子。不良番長のような容姿の男性。
戦歴5千、体術もカイトにひけをとらない実力者。反面、精神的に優しすぎることが欠点。荒っぽい言葉の裏で、情に厚い行動をとる。長所は逃げ足で、ガイゼルのように最高速度を維持したままで走る。能力を活かすために、自他のオーラを数量化して把握することに長け、暗算が速い。


ネテロからゴンとキルアと対決することを命じられ、NGL行きを賭けてゴンと決闘する。発をあえて封じてゴンに稽古をつけ、最終日に発を解禁してなおゴンを完封して勝つ。そして正式に討伐隊に決まりNGLへと向かう。キメラアントの巣に侵入後、操られたカイトと遭遇し、シュートと共に戦ってハコワレで念能力を封じ保護する。


宮殿突入時にはシュート、メレオロンとともにモントゥトゥユピーと交戦。シュートが負傷したため、単独でユピーを引き付ける直接対決を挑む。その後合流したモラウとのコンビネーションで、ユピーを破産寸前まで追い詰めるも、モラウが窮地に立たされた事により、その助命と引き換えにハコワレを解除するという苦渋の決断を余儀なくされる(ナレーションによれば破産までわずか4秒だった)。

そしてナックル自身もユピーに見逃される事となり敗北に打ちひしがれる事となった。メレオロンと共に作戦続行。ユピーの精神性を受けて討伐対象とは見れなくなり、またプフの蟻の本性に触れて蟻と人の決して越える事の出来ない壁を痛感するも、和解の可能性にかけてとことん戦うことを決意する。完全復活したメルエムになすすべなく気絶させられ、人質に取られる。メルエムが毒死したことで解放され生還する。

 

あらすじ

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森でキツネグマに襲われている所をハンターの青年カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。それをきっかけにハンターという職業に憧れを抱いたゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。

『HUNTER×HUNTER』漫画&グッズ

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプコミックス)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました