【ONE PIECE(ワンピース)】ボア・ハンコック│「メロメロの実」王下七武海

ONEPIECE考察

ボア・ハンコック

元王下七武海。アマゾン・リリー皇帝。九蛇海賊団船長。ゴルゴン三姉妹長女。異名は「海賊女帝」。元懸賞金8000万ベリー。
アマゾン・リリー出身。29歳→31歳。誕生日は9月2日(「九」=9、「蛇(じゃ)」=2)。身長191cm。スリーサイズはB111(Jカップ)・W61・H91。おとめ座。血液型S型。好物は火鍋。


世界一美しいと謳われる絶世の美女。艶がある長い黒髪が特徴。その美貌は老若男女問わず数多の人間を魅了する。常に尊大な態度を崩さず、自分の美貌を鼻にかけて身勝手に振る舞うが、その美しさから誰一人咎めることはできない。相手を見下す際、背を反りすぎたことで見下しすぎて逆に見上げてしまう癖がある(通称:人を見下しすぎのポーズ)。

大蛇のサロメを常に連れている。一人称は「わらわ」。島の者には「蛇姫様」と呼ばれ、慕われている。
超人系悪魔の実「メロメロの実」の能力者。自分に見惚れた者を石化させることができる。石化できる対象は生物だけでなく、物質に対しても有効。「覇王色の覇気」の持ち主。身体能力も高く、その実力は海軍元帥センゴクからも高く評価されている。主に足技を使用する。


12歳の時、人攫い屋によって妹共々連れ去られ、世界貴族の奴隷となる。その際に奴隷の証である天竜人の紋章を背中に焼きつけられ、さらに余興で悪魔の実を食べさせられ、妹共々能力者となる。その4年後、冒険家フィッシャー・タイガーによって解放され聖地マリージョアから脱出。妹2人と共に路頭に迷っていた所を、ニョン婆とレイリー、シャッキーによって保護され、アマゾン・リリーに帰還した。

18歳の時に皇帝の地位を継承し、初めての遠征で8000万ベリーの懸賞金が懸けられ、「九蛇」を警戒する政府の要請を受け七武海に加盟した。背中の天竜人の紋章は島中の民全員に隠し、怪物ゴルゴンによる呪いと偽っていた。


エースの公開処刑発表に際し、政府から強制召集を受けるが拒絶。湯浴み中に現れたルフィに天竜人の紋章を見られて激昂する。ルフィを不法侵入の罪で処刑しようとし、妹のサンダーソニアとマリーゴールドをけしかける。

だが、やがてルフィの器の大きさと情の深さから心を許し、更には恋心を抱くようになる。当初は自身の恋心に気づかず熱に浮かされていたが、ニョン婆(グロリオーサ)に諭されて明確に自覚してからはルフィに関する妄想を幾度なく繰り返している。ルフィに結婚はしないと断られたが、その後も好意を抱き続けている。また料理が苦手だったが、ルフィのために練習し肉料理だけはできるようになった。


エース奪還を決意したルフィをインペルダウンへ送るために、政府からの強制召集命令に応じる。ルフィのインペルダウン侵入に協力した後エースと面会し、ルフィが救出に来たことを告げた。マリンフォード頂上戦争でもルフィに協力。戦いのどさくさに紛れて白ひげ海賊団・海軍双方に攻撃を仕掛け、ルフィを押さえつけたスモーカーを妨害したり、エースの手錠の鍵をルフィに渡すなどのサポートを行った。終戦後は七武海権限で軍艦を奪い、ルフィとジンベエを救出したハートの海賊団と合流。彼らを匿うため、女ヶ島への停泊と上陸を特例として許可した。

あらすじ

シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。旅立ち直後にいきなり遭難したルフィは、海軍に入ることを夢見る少年コビーと出会う。ルフィは女海賊アルビダを倒し、コビーを海賊船の雑用係から解き放つ。
ルフィとコビーは海軍基地の町「シェルズタウン」に到着する。「海賊狩り」の異名を持つ悪名高い賞金稼ぎロロノア・ゾロが海軍に捕らえられていることを知ったルフィは、海軍基地に乗り込み、ゾロを救い出す。三刀流の剣士ゾロは、圧政を振るう海軍大佐モーガンをルフィと共に倒し、ルフィの最初の仲間となる。二人はコビーと別れ、世界中の海賊が集まる海「偉大なる航路(グランドライン)」を目指す。

ワンピース グッズ

ワンピース DXF BROTHERHOOD II フィギュア アニメ グッズ プライズ バンプレスト ルフィ&サボ&エース全3種フルコンプセット

フィギュアーツZERO シャンクス(頂上決戦Ver.) [並行輸入品]

 

スポンサーリンク



ONEPIECE考察
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました