盆栽に苔を利用するメリットとデメリット

植物と暮らす

<この記事を読んでほしい人>

□これから盆栽を始める人

 

今回は、盆栽に苔を利用するメリットとデメリットを書いていきます。盆栽に苔は必ず必要なの?と思うかもしれませんがそうではありません。自分の好きなようにカスタマイズするのがいいと思います。

 

盆栽に苔を利用するメリット

見た目がいい

盆栽自体人の手を加えて整えていきますが、より自然な姿へと磨いていくために行います。なので本来あるはずの自然に近づけるために、苔を利用することもあります。

土が全部むき出しなのはちょっと趣がないかもしれませんね。なので、土の表面上いわゆる飾りとして苔を使うのもいいと思います。苔だけでなく石などの他の自然物を盆栽に利用してみるのも効果的です。まずは自分でやってみるのがいいでしょう。

保湿・保水効果がある

保湿・保水効果があるのも苔を用いるメリットとなります。苔を用いることによって水の蒸発を防ぎます。ただ、梅雨の時期は害虫や菌が繁殖しやすいこともあるので、季節によって苔を用いるかを判断した方がいいかもしれません。

盆栽に苔を利用するデメリット

土の乾き具合が分からない

盆栽初心者としてあるあるかもしれません。苔によって土の乾き具合が分からず水を上げる頻度が分からなくなります。この悩みを解決する方法として一番いいのは竹串を使うことです。竹串を土に刺して、土の乾き具合を確認します。

先の方まで濡れていたら水は上げなくてもいいでしょう。逆に、乾いていたら水をあげたほうがいいかもしれません。

まとめ

今回は、盆栽で苔を使うときのメリットとデメリットを書きました。盆栽で自然の趣を出すのは、苔だけではないので石や飾り小物、鉢など工夫をして表現してみるのがいいと思います。

植物と暮らす 盆栽
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。ハンドメイドでミニチュア作品を作ったり、植物を見るのが好き。個人ラジオ「鹿丸日記」連載中。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました