ボタニカルアートとは?植物を知る機会に・・・

植物と暮らす

ボタニカルアートとは

植物画(しょくぶつが)もしくは ボタニカル・アート(botanical art)は、博物画の一種で、草花を科学的に精確に描出するいわゆる「植物細密画」のことを言うそうです。植物図鑑の絵(標本画)などが植物画である。植物画は、植物に関わる学問・産業に資することが目的であるという点で、単なる植物の絵とは異なるのが特徴的です。

ボタニカルアートの4つのルール

植物画は、原則として以下の4つのルールに従って描く。

✔実物大に描く

✔背景を描かない

✔人工的な物(植木鉢や花瓶等)は描かない

✔植物の持つ特性を変えない

なので自分の好きなように植物の絵を描くこととは異なります。

まとめ

今回はボタニカルアートという言葉を知人に教えてもらったので、そのことを踏まえて記事にしてみました。ボタニカルアートをこれから目指したい人がいれば一度本や雑誌を読んでみるのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました