室内でサボテンの育てるうえで気を付けるべきこと

植物と暮らす

サボテンは世界で最も珍しい植物であり、あらゆる種類の大胆な形と美しい緑色のバリエーションがあります。今回はサボテンを育てるうえで気を付けるべきことを書いていきます。

サボテンを置く場所はどこがいい?

サボテンは一般的に砂漠気候に由来するので、どのような場所が好きか推測できます。ただ気を付けるべきことは特にガラス窓の後ろに直射日光が当たっている場合は、太陽の衝撃を拡大するため、燃える可能性があります。南向きの窓が理想的です。太陽に面した側でサボテンが黄色または茶色に変わり始めた場合は、日光の当てすぎかもしれないので別の場所でサボテンを置きましょう。

サボテンの水やりはどのくらいがいい?

サボテンを育てたいのなら、水は非常に重要です。日中は十分な暑さがある日当たりの良い場所では、週に1度水を上げましょう。基本的に水やりの合間に土壌が乾燥していることを確認してください。水のあげすぎは、植物の根や下端が水浸しになったり腐ったりするのを防ぎます。冬の間は、太陽が少なく夜の気温が低くなり、サボテンが休眠状態になるため、水を減らしましょう。

サボテンの土は?

サボテンの土は余分な水分を排出するのに非常に効果的である必要があります。サボテンの土は多くの苗床や花屋で販売されており、通常の培養土よりも砂質で岩が多いことがわかります。これは、水が抜けてサボテンがしっとりした感じにならないようにするために不可欠です。

サボテンに肥料はいる?

夏の成長期には、定期的に少量を与えることで、成長をはぐくみます。植物が休むことができるように冬の間はあげないようにしましょう。

まとめ

今回はサボテンの一般的な育て方について書きました。参考になれば幸いです。

植物と暮らす
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。ハンドメイドでミニチュア作品を作ったり、植物を見るのが好き。個人ラジオ「鹿丸日記」連載中。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました