私が今月おすすめする”本”

Canvaで広告バナーを作る方法を解説|ブログサイドバーに張る画像に使うのが最適

Webデザイン

今回は、Canvaで広告バナーを練習して作成してみたのでその過程をまとめたので紹介します。

Canvaとは

Canvaとはソーシャルメディアグラフィック、プレゼンテーション、ポスター、ドキュメント、その他のビジュアルコンテンツを作成するために使用されるグラフィックデザインプラットフォームです。無料でだいたいは使うことが可能です。一部は有料です。

Canvaで広告バナーの作り方

作りたい広告バナーを設計する

今回は300px×250pxの広告バナーを作りたいと思います。

一般的なサイズとして広く用いられているサイズです。また、テーマは化粧水で作っていきます。

 

参考にしたい広告バナーを見つける

クライアントがいれば悩みを聞いてデザインの案を練っていきます。しかし今回は練習として広告バナーを作ることを過程として行いますので自分が参考にしたい広告バナーに似せて作ります。

おすすめは『バナーデザインアーカイブ』の広告バナーのギャラリーサイトです。

自分で作ってみる

 

今回は簡単にですが広告バナーを悩みを仮定して作成しました。*基本的にCanvaでは画像の切り抜きは有料であれば使うことができます。ほんとうは、化粧容器の切り抜きを張りたかったのですが、使えないので素材を使いました。

Canvaで広告バナー作るのはあり?

自分のメディアサイトに張るのであればいいと思う

例えば、企業ではなく個人のメディアサイトやブログに広告バナーを作って張りたいのであればCanvaを使用するのはありです。自分で考えていることをデザインで表してみましょう。

仕事として(クライアントに出すもの)は辞めた方がいい

仕事としてクライアントに提出するモノとして広告バナーを作るのはおすすめしません。拡大するとぼやがかかるのでクライアントからクレームが来ます。また、広告バナーを作るのであればAdobeのPhotoshopとillustraterを使うのが無難だと思います。

ただ、Webデザインの勉強用としては最適なのでAdobeに契約する前に一度作ってみるのはおすすめです。

まとめ|Canvaを使った感想

Canvaは自分メディアサイトに使う広告バナーやブログのアイキャッチ画像を作る際に僕はよく使います。依頼されたときはさすがにAdobeのPhotoshopとillustraterで作っています。まずは練習するためにCanvaで無料登録をして使うのはありだと思いました。

WebデザインWebデザイン・プログラミング
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。DIYや読書、植物観賞が趣味。Podcast「植物男子のおうち時間」連載中。将来はクッキングパパになりたいと思うこの頃。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました