【チェンソーマン】かっこいい吉田ヒロフミ・蛸(契約悪魔)のプロフまとめ

チェンソーマン考察

吉田 ヒロフミ

マキマの要請でデンジ護衛任務のために雇われた民間のデビルハンターで、現役高校生。黒塗りにされた目に、左耳に大量のピアスを開けている。常に口元に笑みを浮かべており、デンジに「仲良くしようぜ」と挨拶するなど気さくな性格だが、実力は高く、敵に対しては容赦しない。アメリカの三兄弟の長男がパワーに轢き殺された後、現場近くの路地裏にいた次男を、民間人に化けていたにも関わらず正体を一瞬で見抜いて殺害した後、嘔吐している三男を一瞥して「プロはゲロ吐かないか…」と見逃した。また、クァンシの一撃を目視し素手で受け止めるなどかなりの身体能力を持つ。彼女とはデパートで二度戦ったが共に敵わず、デパートの窓から投げ捨てられた。その後は岸辺と共にデパートの外で人形たちの制圧を行った。蛸の悪魔と契約しており、足で攻撃をする、墨で煙幕を張る、足を命綱のように使うなど、様々な戦法を持つ。

あらすじ

「悪魔」と呼ばれる存在が日常に蔓延る世界。少年デンジとチェンソーの悪魔ポチタは悪魔を駆除するデビルハンターを主な仕事としながらなんとか生計を立てていた。ある日、デンジに仕事を斡旋していたヤクザが力を求めて悪魔と契約をしたことでゾンビと化してしまう。悪魔に操られたヤクザはデンジらをおびき寄せると集団で襲い掛かる。不意を衝かれたデンジらは為す術なく殺害されるが、デンジの遺体からしたたる血液を偶然体内に取り込んだポチタは蘇生し、デンジの身体を修復するため合体する。ポチタはデンジの心臓となり、復活したデンジはチェンソーの悪魔へと変身する力を手に入れ、ゾンビの集団を一掃する。撃退に成功したデンジであったが、現場に駆け付けた公安のデビルハンターであるマキマに導かれ、その身を公安によって管理されることになる。

公安対魔特異課

公安に所属する対悪魔を目的とした部署の一つ。福利厚生が厚く、給与目当てで就職する者も多いが、その性質上民間で対処出来なかった強力な悪魔と対峙するため殉職者が後を立たない。所属する者は1年経つ頃には大抵死ぬか、退職して民間のデビルハンターになっているとのこと。 とりわけ特異4課は実験的部隊とされており、魔人や悪魔が隊員として所属している。作中では特異1~4課まで存在していたが、大半の人員が銃による襲撃で殉職したため特異4課と合併されマキマの指揮下に置かれることとなった。 血生臭い噂が絶えず、同業者からも敬遠されている。

チェンソーマン 1

藤本タツキさんの他の作品

ファイアパンチ 1

スポンサーリンク

10月のおすすめ漫画

鬼滅の刃 22 (ジャンプコミックス)

チェンソーマン 8



0円で漫画が読めるサイト

eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中)
特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、『おそ松くん』や『三国志』など、
ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。

さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実!また、漫画を「背表紙表示」で管理できるのもこの書店だけ。eBookJapanは漫画を楽しみたい全ての方におススメの電子書店です。無料で読める漫画も豊富です。中には少し前に流行ったあの漫画も無料で読めちゃいます。

ebook 公式ページ

*昔の漫画サイトのようなウイルス感染するようなサイトではなく安全なサイトです。Kindle愛用者にはおすすめのサイトです。

チェンソーマン考察
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました