ランサーズで初心者はライティングの仕事をするな?その訳とは

lifestyle
metoro
metoro

どうも、metroです。今回はランサーズの紹介と初心者はライティングの仕事はランサーズでしない方がいいことについてお話していくよ。

Aちゃん
Aちゃん

なぜ、しないほうがいいのかも踏まえて答えていくから、最後まで読んでね。

ランサーズとは

ランサーズとは日本最大級のクラウドソーシング依頼サイトです。また、「ネットで最短即日発注」ができるフリーランスプラットフォームです。 ホームページ制作、アプリ開発、ロゴなどのデザイン、ライティングまで幅広いお仕事を高スキル人材に即発注できます。

ランサーズの仕事の流れ

1、まずは会員登録をしてもらいます(およそ1分ほどでできます)そこで自分の過去の経験やスキルを登録しましょう。また、約210万件の案件から、あなたにおすすめの案件を、メールやマイページにてお知らせしてくれます。

 

2、プロフィールを充実させよう。プロフィールをみた依頼主から直接相談もある可能性があります。35万以上の企業が依頼相手を探しています。なので、あなたの定番メニューを登録しておくとさらに依頼が来やすくなります。

 

3、ガッツリ稼ぎたいあなたは自分で案件を探そう。案件は常時210万件ほどあります。ジャンルや業種、報酬の受け取り方など、お好みの検索条件でピッタリの案件を見つけられます。

受注までの3ステップ

1、応募する。募集内容に合わせて、オンラインで提案や制作物を提出しましょう。

 

2、選ばれる。プロジェクト式や求人募集の場合は、オンラインで質問や相談も可能です。受注に向けて、提案内容のすり合わせや、相手への確認ができます。

 

3、受注確定。あなたの提案や制作物が選ばれると、受注が確定。コンペ式やタスクの場合は、選ばれると同時に受注・納品となります。

仕事を依頼する側、する側も安心の仕組み

・自分の個人情報の情報の公開と非公開を選べます。

・24時間365日体制のサポート窓口。トラブルやお困りごとがある場合はサポート窓口がすぐに対応します。

・発注者の情報が分かる。

ランサーズのライティングを初心者がしない方がいい理由。

ということで、ランサーズについては分かったと思います。ちゃんとした運営でもあることが分かります。でも、なぜ、ライティングはしない方がいいかというと、

 

その理由は、単価が安いからです。

 

考えてみれば当たり前といえば当たり前なのかもしれません。初めての人が、ライターの人並みに文章が書けるかといったらそういうわけでもありません。しかし、どう考えても悪徳な案件がライティングは多いというのが印象的です。なので、ライティングで稼ごうという方がいましたら、自分のサイトをもってまずはブログで書くことをおすすめします。

おすすめのブログ

おすすめのブログを紹介していきたいと思います。

はてなブログ

はてなブログは無料でもできますが、有料にして広告をつけて収益化することもできます。なので、まずは自分で書く練習のためにも無料で行い、後々有料にしてお金を払って収益化する方法も全然ありです。また、サーバー代も月に1000円前後です。ちょっとやってみようかなと思う人はぜひやってみてください。おすすめです。

 

はてなブログ
はてなブログは、無料でしっかり書けるブログサービスです。日々の生活から感じたこと、考えたことを書き残しましょう。

 

wordpress

wordpress(ワードプレス)はカスタマイズ性が高いブログになります。こちらの場合はサーバー代をサーバー会社にお金を払って借りて行います。なのでワードプレス自体は無料で使えます。サーバー会社はxserverがいいでしょう。こちらも月に1000円前後です。私が使っているのもワードプレスです。自分の好きなようなデザインにしたい場合はワードプレスをおすすめします。

まとめ

ということで、今回はランサーズのライティングをするなら、初心者はブログを始めたほうがいいということについて書きました。少しお金はかかりますがブログは積み重なっていくものです。地道にコツコツ頑張れば収益化もでき、自分の想像以上の収益が出ることもあります。一緒にブログを始めましょう。

スポンサーリンク



lifestyle
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました