【ONE PIECE(ワンピース)】コビーのプロフまとめ│海軍本部大佐兼機密特殊部隊「SWORD」隊員

ONEPIECE考察

コビー


アルビダ海賊団航海士兼雑用→海軍第153支部雑用→海軍本部雑用→海軍本部曹長→海軍本部大佐兼機密特殊部隊「SWORD」隊員。ガープの部下。
「東の海」出身。16歳→18歳。誕生日は5月13日(コ→5、ビー→B→13)。身長167cm。おうし座。血液型F型。好物はリカが作ったおにぎり、じゃがバター。


ルフィが海に出て出会った最初の人物。初登場時は弱気で臆病な性格だったが、ルフィの夢のためには死をも恐れない姿勢に感化され、次第に逞しくなり、ここ一番での行動力や度胸を発揮するようになった。一人称は「ぼく」。

登場初期はかなり貧弱な体格だったが、海軍入隊後は背は大きく伸び、別人のように逞しくなっている。トレードマークである大きな眼鏡は額にかけるようになり、バンダナを巻いている。また額には大きな傷ができている。

新世界編ではさらに背が伸び、ルフィと同じぐらいの背丈になっている。
海軍入隊後はガープの訓練により身体能力が格段に上がり、ウォーターセブン編では六式「剃」を使えるまでの成長ぶりを見せた。

頂上戦争編で「見聞色の覇気」が覚醒。新世界編では六式をマスターし、見聞色の覇気が異常に発達している。


かつて釣りに出かけた際、誤ってアルビダ海賊団の船に乗り込んでしまい、雑用として2年間こき使われていた。アルビダが拠点にしていた島に流れ着いたルフィと出会い、ルフィがアルビダを倒したことで解放される。それからルフィと友達になり、一時行動を共にしていたが、海軍将校になる夢を持っていたため、海軍がいたシェルズタウンでゾロと入れ替わりに別れ、その後海軍第153支部で雑用として働くことになった。

あらすじ

シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。旅立ち直後にいきなり遭難したルフィは、海軍に入ることを夢見る少年コビーと出会う。ルフィは女海賊アルビダを倒し、コビーを海賊船の雑用係から解き放つ。
ルフィとコビーは海軍基地の町「シェルズタウン」に到着する。「海賊狩り」の異名を持つ悪名高い賞金稼ぎロロノア・ゾロが海軍に捕らえられていることを知ったルフィは、海軍基地に乗り込み、ゾロを救い出す。三刀流の剣士ゾロは、圧政を振るう海軍大佐モーガンをルフィと共に倒し、ルフィの最初の仲間となる。二人はコビーと別れ、世界中の海賊が集まる海「偉大なる航路(グランドライン)」を目指す。

ワンピース グッズ

ワンピース DXF BROTHERHOOD II フィギュア アニメ グッズ プライズ バンプレスト ルフィ&サボ&エース全3種フルコンプセット

フィギュアーツZERO シャンクス(頂上決戦Ver.) [並行輸入品]

 

スポンサーリンク



ONEPIECE考察
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました