【ONE PIECE(ワンピース)】傳ジロー(でんジロー)/「居眠り狂死郎」プロフまとめ

ONEPIECE考察

傳ジロー(でんジロー)/「居眠り狂死郎」

ワノ国の侍。光月家家臣。赤鞘九人男の一人。表向きの身分は、黒炭家御用達両替屋でありヤクザ「狂死郎一家」の親分「狂死郎(きょうしろう)」。


鋭い切れ長のツリ目と水色の髪のリーゼントが特徴で、派手な着物に身を包んだ男。20年前は現在よりずっと温厚な顔立ちで、サングラスをかけ、長髪を後ろで結んでいた。狂死郎としては、例え三下でも己の部下がやられれば容赦をしない任侠心と、将軍に歯向かった者は誰であろうと処断するという厳格さの持ち主を演じている。

剣の腕はゾロと互角に渡り合うほど。民衆からは「狂死郎親分」と呼ばれている。身長306cm。好物は牛すじ。
少年時代は花の都の孤児で、店員を騙して安く商品を買うようなずる賢い性格だった。愚かな大人を見下しているが、唯一おでんのことは尊敬していた。41年前の「山の神事件」後、錦えもんと共におでんの最初の家臣となった。

 

おでんが大名になると金銭面の管理を担当し、おでんが度々オロチに金を貸すことに苦言を呈していた。おでんがワノ国を飛び出した後は、金を貸し借りしながらワノ国を歩き回っており、おでんが一時帰郷した時はおでん城に不在だった。


おでんが処刑された後、アシュラ童子と共に追っ手の足止めを担い、錦えもん達と離れ離れになった。その後、閻魔堂の中でおでんを喪った激しい怒りと悲しみから憤怒の形相で叫び続けた結果、髪が変色し、目元はツリ目となるなど、人相が大きく変わってしまった。

その容姿を利用して素性を隠し、花の都で「狂死郎」と名乗り、自らの強さを慕うチンピラを従えて、ヤクザ「狂死郎一家」を旗揚げする。瞬く間に頭角を現すと、オロチの懐に入り込み、彼の家臣となった。その有能さと剣の腕から、「ヒョウ五郎に取って変わる侠客」「花の都に狂死郎一家あり」と称賛されるまでになった。


13年前、自身の遊郭の女性達が偶然日和を保護したことで、彼女と再会。日和を遊郭に入れ、素性を隠すために「小紫」と名乗らせ、河松に代わり彼女の身を守ってきた。その後も正体を隠したまま表向きオロチの犬として活動しながら、トキが予言した錦えもん達が再び現れる日を待っていた。狂死郎として活動する一方、夜中には悪人から金を盗んだり、小紫が悪人から巻き上げて得た金を貧しい人々にバラ撒いていた。

丑三つ刻に現れることから「丑三つ小僧(うしみつこぞう)」と呼ばれ、民衆からは小紫と並ぶほど人気が高い。夜中に活動しているため寝不足なのか、昼間はいつも眠そうであるため、「居眠り狂死郎」という異名がついた。

あらすじ

シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。旅立ち直後にいきなり遭難したルフィは、海軍に入ることを夢見る少年コビーと出会う。ルフィは女海賊アルビダを倒し、コビーを海賊船の雑用係から解き放つ。
ルフィとコビーは海軍基地の町「シェルズタウン」に到着する。「海賊狩り」の異名を持つ悪名高い賞金稼ぎロロノア・ゾロが海軍に捕らえられていることを知ったルフィは、海軍基地に乗り込み、ゾロを救い出す。三刀流の剣士ゾロは、圧政を振るう海軍大佐モーガンをルフィと共に倒し、ルフィの最初の仲間となる。二人はコビーと別れ、世界中の海賊が集まる海「偉大なる航路(グランドライン)」を目指す。

ワンピース グッズ

ワンピース DXF BROTHERHOOD II フィギュア アニメ グッズ プライズ バンプレスト ルフィ&サボ&エース全3種フルコンプセット

フィギュアーツZERO シャンクス(頂上決戦Ver.) [並行輸入品]

 

スポンサーリンク



ONEPIECE考察
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました