【デザイナーとして起業した君へ】読んだ感想まとめ

読書日記

デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイス

今回は、デザイナーとして活動をしていたDavid Aireyさんが書かれた本の日本語訳です。デザイナーとして活躍しているDavidさんが考えるデザイナーとしてマインドや仕事をもらうためにしたことや起業した人やフリーランスとして働く人が悩むことを解決してくれる1冊となっています。全体の大枠としての概要はセルフブランディングについて書かれた本です。デザイナーとして活動したいあなたの悩みを解決してくれるに違いないと思います。

デザイナーのDavid AireyさんのWebサイト↓

David Airey | logo & brand identity design
Designer of enduring logos and visual identities, David Airey runs an independent graphic design studio in Bangor, Northern Ireland.

【デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイス】目次

①どこから始める?
ーデザイナーに必要な心構え
ー常に学び続けよう
ー君のニッチを見つけよう
ーフリーランスのメリットとデメリット

②どんなデザイナーになるべき?
ー直の仕事か、それとも下請けの仕事か
ー成功するためのプランを立てる
ーブランド・ネーミング
ー君のブランド・アイデンティティをデザインする
ー自宅で仕事をするのか、それともスタジオを借りるのか
ーネットで知名度を上げよう
ー自分自身を売り込んで知名度を上げよう
ー会社は大きければいいというものではない
ー合法性、誠実性、倫理性

③プロジェクトのマネジメント方法
ークライアントを賢く選ぼう
ーアプローチしてくるクライアントの対処法
ー仕事の価格を設定する
ー契約条件
ー最高のプレゼン方法

④旅立つ前に
ーメンターたちは語る
ークライアント抜きの将来のために
ー情熱を絶やさないために
ーリソース

デザイナーであればサイトは必須

かつては分厚い資料を持って営業していたかもしれませんが、今はインターネットがあります。たしかに足を使って営業をする際に資料を持っていくのは大切です。しかし、インターネットの自分のサイトを持っておくことであなたは働かない時間にも見られ相手に印象を与えることができます。特にサイトのコンテンツには著者は、口コミとブログは絶対に入れろと言っている。ブログではデザインのテクニックやチュートリアルを書いておくといいと述べている。

サイトは何がおすすめ?

著者はWordpressでサイトを構築していると述べていた。Wordpressとはサイト構築をする際の枠組みでもある。なので、1からコードを組んでサイト制作をしなくてもできるので、個人で立ち上げようと思えば可能である。

サーバーは何がおすすめ?

サーバーはXserverが一番いいでしょう。もしサーバーを開設する際に困っても、利用しているユーザー数が多いので解決策を書いてくれている記事も多くあります。Xserverであれば、1つドメイン(ネットの住所)は無料です。また、サーバー代は契約年数が長いほど安くなりますが1年契約だと初期費用:3000円プラス月:1000円ほど(年:合計1万5千円ほど)。

エックスサーバー>>https://www.xserver.ne.jp/

まとめ

読んでいてとても役に立った1冊でした。最後のクライアント抜きの将来のためにでは、自分を仕事を作ることまで描かれている。一般的に企業や個人の経営店などから仕事をもらわないとお金が稼げないと思いがちだが、そうではないことを教えてくれた。人生100年時代の中、一生かけてデザイナーとして仕事ができるように書かれているので、あなたがもしデザイナーとして生きていきたいのであれば読んでもいいと思う。ノウハウ系のデザインの本もいいが、こういったマーケテイングも学ばなければならないと思いました。

デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイスーWork for Money, Design for Love

読書日記
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。ハンドメイドでミニチュア作品を作ったり、植物を見るのが好き。個人ラジオ「鹿丸日記」連載中。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました