『空挺ドラゴンズ』クィン・ザザ号・ミカのプロフィールまとめ

動画サービス

クィン・ザザ号・ミカ

本作の主人公。普段は無気力かつ不真面目な態度を取ることが多いが、大好物の龍を食すことになると途端に活気づき、豊富な知識と経験を活かし一撃で致命傷を与える武器を使用した狩りを行う。龍を一番食べることができる龍捕りとしての生活を好む一方で、龍を一方的に狩猟されるだけの存在ではないとも認識しており、龍捕りが生半可な覚悟では行えないとも理解している。


本編の10年前は突撃艇の雑用をしていた過去をもち、ともに乗船していたクジョーが仲間と決別した際、毒を使わなければ龍を喰えるという理由からクジョーについていき、彼の下で狩りの技術を身に着けた。

あらすじ

各国が龍と呼ばれる生物から生産できる食料や資材を欲して空を目指してから半世紀後の時代。世界には、飛行船に乗って捕獲した龍を加工して売りさばく龍捕りと呼ばれる職業が誕生した。

希少となった現役の捕龍船クィン・ザザ号には、龍が大好物のミカを始め、新人龍捕りのタキタや龍捕りの父をもつジロー、諸事情で地上を旅立ったヴァナベルなど様々な龍捕りが搭乗しており、それぞれが事情や目的をもって共同生活を営みながら空の旅を続ける。


捕龍船が停泊する港町クオーン市に到着したミカたちは、船の修理の間に地上での休暇を楽しむこととなる。ミカが親交のある龍の解体士である千剖士の一族に会いに行ったり、ジローが街の酒場で働く少女カーチャと親交を深めるなか、別の龍捕りたちが捕獲した龍が暴れ出し、街に被害を与えかねない状況にまで発展する。ミカたちは必死の攻防戦の末に何とか龍を仕留めるが、市民との間に遺恨を残さないために報酬を寄付し、街を後にする。

空挺ドラゴンズ漫画&グッズ

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンコミックス)

空挺ドラゴンズ キーケース POTE-A

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました