『HUNTER×HUNTER』幻影旅団/フィンクス=マグカブのプロフまとめ

動画サービス

フィンクス=マグカブ

団員No.5。強化系能力者。身長185cm。体重85kg。血液型AB型。流星街。
旅団の初期メンバーの1人。短気で豪放な性格で、フェイタンと並ぶ旅団内のタカ派。普段はエジプト風の衣装をまとっているが、外を出歩く時はジャージを着用していることが多い。腕力は団員内ではウボォーギンに次ぐ2番手で、体格はフランクリンやヒソカ未満ながら力は上。

念を使わずにキルアの攻撃を全て防いだり、逃げるゴン達を一瞬で追い抜いて先回りするなど、体術にも優れている。メンバーよりも団のルールを優先するタイプで、そのために鎖野郎(クラピカ)追跡の際には他の団員と揉めたりもした。しかし、キメラ=アントに変異させられてしまった同郷の者達をあえて自分の手で葬ったり、クロロの除念の報告を待ち続けたり、パイクとの戦いで服を損傷したシズクに上着を着せてやるなど、根底の部分の仲間意識は強い。

廻天(リッパー・サイクロトロン)


あらかじめ腕を回しておくことで、一時的にオーラ量が増大する能力。つまり腕を回せば回すほどパンチ力が増大するという溜め技。
回す回数によっては絶大な破壊力を発揮するが、回数と威力の加減についてはフィンクス本人にも感覚が掴めていない様子。

あらすじ

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森でキツネグマに襲われている所をハンターの青年カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。それをきっかけにハンターという職業に憧れを抱いたゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。

『HUNTER×HUNTER』漫画&グッズ

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプコミックス)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました