『終末のワルキューレ』ヘラクレスのプロフィールまとめ

動画サービス

ヘラクレス

ギリシャ神話の半神半人。爽やかな好青年で、ワルキューレ達からも「兄様」と呼ばれ慕われている。半神半人であるが故に、ラグナロクで神側が勝った際は人類を守るべく働きかけるつもりでいる。身体にある入れ墨はかつて神になる直前に十二の難業を成し遂げたことで、十二の神技である「十二の災禍と罪過(エルキュール・エグゾダス)」を体得。

この技は使用するたびに身体に入れ墨が広がるが、1ミリメートル広がるだけでも普通の神なら失神するほどの痛みが身体に襲いかかり、全身に広がると死に完全消滅する。武器はライオンの頭部の形をした棍棒。棍棒の頭部は「十二の災禍と罪過」を使用すると、その御技に対応している動物へと変形する。かつてヘラクレスと戦ったアレスからは、その強さの本質は神である自身ですら折ることが出来ずに、ゼウスにすら不屈を通した「強靭な心」であると言われている。その心の強さゆえに何者にも屈せずに何度でも立ち上がることから「不屈の闘神」と呼ばれている。


かつてはアルケイデスと言う名前でテーバイで人間として暮らしており、「正しき者の味方でいたい」という信念を貫き通して生活を送っていた。アレスによるテーバイへの侵攻時に、神軍に対抗するためテーバイの神殿にあったゼウスの血を飲み、それに耐え抜いたことで神であるゼウスの力を得た。神軍の先鋒を単独で壊滅させ、軍を率いていたアレスとも真っ向から互角に渡り合うが、ゼウスによって戦いが止められた。ゼウスから神になるよう提案されると、神になる条件として、今後二度と人類に仇なさないことを約束させた。

あらすじ

誕生から700万年が経過しても進歩の兆しがない人類は、万物の創造主である神々が1000年に1度集結して開かれる「人類存亡会議」にて、終末を与えられようとしていた。戦乙女(ワルキューレ)の長姉ブリュンヒルデは決議に待ったをかけ、超特別条項神VS人類最終闘争(ラグナロク)により人類の行く末を決めてはどうかと提案する。

当初はその申し出を相手にしなかった神々だったが、ブリュンヒルデの挑発にプライドを傷つけられたことでラグナロクの開催が決定。かくして、天界が誇る最強神たちと、秘術「神器錬成」によって神器と化した戦乙女たちと共に戦う最強の人類「神殺しの13人」(エインヘリャル)による、13番勝負の幕が上がる。

終末のワルキューレ漫画

終末のワルキューレ 1巻 (ゼノンコミックス)

タイトルとURLをコピーしました