パキポディウムグラキリスの育て方

植物と暮らす

海外のサイトから今回はパキポディウムグラキリスの育て方を学んだので紹介していきます。

他の多くの多肉植物とは異なり、パキポディウムグラキリスは成長が非常に遅いです。あなたがそれらを屋内または屋外で育てたいかどうかにかかわらず、あなたはこれらの美しい多肉植物の適切な世話をするために多くを学ぶ必要があると思います。多肉植物は、乾燥した暖かい気候ですくすくと成長するのでまずは育てるための環境を知りましょう。

パキポディウムグラキリスの適切な温度

パキポディウムグラキリスは非常に低い温度に耐えることはできませんが、寒い気候の屋外で栽培することはできません。言い換えれば、寒さに敏感であるため、暖かい温度で育てる必要があります。

葉っぱが黄色に変わった場合は、水を控えるのがいいと思います。

パキポディウムググラキリスの水の量

パキポディウムグラキリスに水をやる場合は、植物に完全に水をやる必要があります。植物に水をやり、完全に排水させます。土が乾いているなと感じたら水を上げましょう。

パキポディウムグラキリスの日光

パキポディウムグラキリスは、成長するために明るい光を必要とします。多肉植物は、暗くて日陰の場所に住むことを好まないです。そのような場所に置くと、植物はすぐに枯れてしまうでしょう。

パキポディウムグラキリスの土壌条件

パキポディウムグラキリスに関しては、水はけのよい土壌に植える必要があります。そうしないと、水はけの悪い土壌に保管すると腐敗します。その場合、砂と培養土に混合されたスコリア、軽石、またはパーライトを使うといいと思います。軽石は、水はけのよい土壌に最適な土台であることに注意してください。本質的には、植物を多孔質で水はけのよい培養土に保つ必要があります。

タイトルとURLをコピーしました