~ブログ集客の相談~

【呪術廻戦】虎杖 悠仁(いたどり ゆうじ)「宿儺の器(すくなのうつわ)」のプロフまとめ

動画サービス

虎杖 悠仁(いたどり ゆうじ)

本作の主人公。
都立呪術高専1年生。階級無し(2級相当)。宮城県 仙台市出身で、仙台の杉沢第三高校から東京の呪術高専に編入した。


茶色い短髪の少年。常に「色々迷った末に結局」オレンジ色のパーカーを着用する。身長173cm(どんどん伸びそう)。体重80kg以上で体脂肪率は1桁。


砲丸投げ(ピッチャー投げ)で砲丸を30m弱先のサッカーゴールの枠に食い込ませる、地上にいたにも関わらず学校の4階の窓から校舎に飛び込んで呪いを蹴り飛ばす、鉄コンでない建物の壁を素手で破る、釘崎を担いで壊相の「翅王」を脱出する、敵に自動車を投げつける等、常人離れした身体能力の持ち主で、喧嘩も強い。


快活・素直で、学校帰りに病気の祖父を毎日見舞うなど心優しい性格の持ち主。上級生や教師を含め、誰に対してもタメ口で話す。自身の現状に適応しやすい一面があり、それまで一般人でありながら、異形とはいえ生き物の形をした呪いを一切の躊躇なく殺しにかかることから、五条には「イカれている」と評される。

また、祖父の遺言から「正しい死」にこだわっており、病院で静かに亡くなった祖父の死に方を「正しかった」とする一方、呪いによる死は「間違っている」と断じ、「せめて自分が知っている人間には正しく死んで欲しい」と願っている。

真人の改造人間と対峙した際も、真人の被害者(人間)である彼らを殺すことに当初は抵抗していたが、里桜高校で対峙した1人に「ころして」と頼まれてからは、「正しく死んで欲しい」と言う自身の願いから手にかけれるようになった。とはいえ呪いや死に対して恐怖心がないわけではなく、少年院の特級呪霊に襲われた際は、差し迫った自らの死に怯え、泣きじゃくる一面も見せた。


元々は非術師であったが、後述の経緯から特級呪物「両面宿儺」を口にしたことで呪力を体に宿せるようになった。その体に先天的な術式(生得術式)は刻まれていないが、五条曰く「宿儺の指を取り込み続けることで、そのうち宿儺の術式が刻まれ使えるようになる」らしい。

前述の通り身体能力が非常に高いため、肉弾戦を主流の戦闘スタイルとする。呪力が無い時の素の力の強さや俊敏性は、五条だけで無く、1級呪術師・東堂葵や特級呪霊・花御からも高く評価され、伏黒も「もし交流会を呪力無しで行ったら、虎杖が勝つ」と称している。初期の頃は呪力をうまくコントロール出来ていなかったが、交流会での東堂の指導により上達し、黒閃を経験した。黒閃1日5回記録。


また、毒の耐性も非常に高い。元来猛毒である宿儺の指を食しても死亡せず、宿儺が受肉した後も自我を保った上で宿儺を抑え込むことができており、故に「宿儺の器(すくなのうつわ)」と呼ばれる。吉野順平の式神「澱月」の毒も一切効かず、壊相と血塗の「朽」を食らった際も、分解の痛みはあったがその毒に効果は無かった。

さらに、常に宿儺の魂を宿していることから、自然に魂の輪郭を捉えることができ、術式無しで真人に直接ダメージを与えることが可能。逆に、宿儺の魂によって真人の「無為転変」の影響を完全に受けない。


両親はおらず(生死・行方ともに不明)、祖父に育てられた。両親についての記憶は特にないらしく、祖父から話を切り出された際も一切の興味を示さなかった。


杉沢第三高校在籍時は、「祖父の見舞いのために早く帰宅したい」と言う理由で心霊現象研究会に入部。2018年6月、高校の百葉箱に魔除けとして置かれていた宿儺の指を偶然拾い、正体を知らぬまま持ち出してオカ研の2年生に預ける。

それと同時期に入院していた祖父が「お前は強いから人を助けろ」と言い残して亡くなり、その夜に病院で手続きをしていると、宿儺の指を探していた呪術高専1年の伏黒恵が現れる。

「呪い」についての説明をされた上で彼に宿儺の指の在処を尋ねられた際、オカ研2年が学校に侵入してその封印を解くと伝えると、伏黒は慌てた表情を見せて学校に向かう。

半信半疑の状態で伏黒に同行すると、既に校舎内には宿儺の指を求める呪霊が大量発生していた。生まれて初めて見る呪いに困惑しながらも、2年の救出、そして祖父の遺言のために伏黒と共に交戦し、彼らを救出して宿儺の指を回収する。

しかし、その直後にラグビー場の2級呪霊が現れ、対峙した伏黒が戦闘不能になる。そこで、全員が助かる解決策として呪力を持たない自分が呪霊を祓うために、自ら宿儺の指を食す。それにより呪霊を倒すと同時に、特級呪霊・両面宿儺が虎杖の肉体に受肉した。しかし、宿儺は虎杖に抑制され、直後に現れた五条悟によりその場はひとまず落ち着いた。

『呪術廻戦』とは

呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年14号より連載中。

全国書店員が選んだおすすめコミック2019 1位、みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019 大賞などの受賞歴がある。2019年7月時点でJC累計発行部数200万部を突破している

あらすじ

両親の顔を知らず祖父に育てられた少年・虎杖悠仁。常人離れした身体能力を持つ彼に、育ての親でもある祖父は「オマエは強いから人を助けろ」と言い残して他界した。

祖父を亡くしたその晩、手続きのため病院にいた虎杖の前に、黒ずくめの少年・伏黒恵が現れる。彼は虎杖が以前拾った特級呪物「両面宿儺の指」を探していた。極めて危険なものである呪物を「人死にが出ないうちに渡せ」と虎杖に凄む伏黒。しかし一歩遅く、呪物は虎杖の元から心霊現象(オカルト)研究会(通称「オカ研」)の先輩の手に渡っており、「指」に辛うじて施されていた封印も剥がされてしまった。

封印を解かれた宿儺の指を取り込み、新たな力を得ようと学校に集まる呪い。虎杖は伏黒とともに呪いに取り込まれそうになっていた先輩を助けるが、新たに現れた呪いに不意を突かれたことで伏黒が負傷し、一同は窮地に陥る。「呪いは呪いでしか祓えない」という伏黒の言葉を聞いた虎杖は、状況を打開するために猛毒である宿儺の指を自ら呑み込んだ。本来なら口にした瞬間死亡してもおかしくない代物であったが、幸か不幸か虎杖は両面宿儺の「器」となる素質を持っていた。呪物を取り込んだことで呪術師の討伐対象となってしまった虎杖に、最強の呪術師にして呪術高専1年の担任・五条悟は二つの死に方を提示する。

呪術廻戦漫画&グッズ

呪術廻戦 コミック 1-9巻セット

アニメ見るならAbemaTV


AbemaTV

2016年4月より本稼働を開始したライブストリーミング形式で多彩な番組を提供するインターネットテレビ局です。パソコンやスマホなどで視聴が可能で、開局から約11カ月で1.500万ダウンロードを突破するほどの人気で多くの人が「AbemaTV」を活用している。サービスとしてはニュースやドラマ、音楽といった幅広いジャンルを網羅したインターネット上で楽しむ番組の集合体です。釣りや将棋、麻雀といった趣味系やアニメにも力を入れています。

 

過去のAbemaTVの番組を視聴したい場合は有料プラン(月額960円)のAbemaプレミアムになる必要がありますが登録して最初の1か月間は過去の番組見放題!

AbemaTVのサイトはこちら↓
AbemaTV

タイトルとURLをコピーしました