【HUNTER×HUNTER】会長アイザック=ネテロ・百式観音(ひゃくしきかんのん)のプロフィールまとめ

動画サービス

アイザック=ネテロ

ハンター協会および審査委員会の第12代会長。心源流拳法師範。強化系能力者。
ハンター協会の最高責任者。20年前くらいから約100歳と周囲に語っており、キルアの祖父ゼノは「自分が乳飲み子の頃にすでにジジイだった」と語っている。殺意を明確にするヒソカを煙に巻いたり、ハンター試験後の荒れたガイダンスを収拾させるなど海千山千の老練さを見せるが、その一方でメルエムの発言に気を悪くしたり、気まぐれでキルアやゴンと暇つぶしをするなど俗っぽく茶目っ気の多い性格でもある。


元は無名の武道家。46歳の時に、肉体と才能の限界に気付き悩んだ末に、これまで自分を鍛えてくれた武道に恩を返そうと冬の山に篭り「感謝の正拳突き1万回」を日課に過ごすうちに能力を開花させ、当時世界最強の武道家となった。

ノヴはネテロが最強だという趣旨の発言をしているが、本人曰く世界最強の念能力者だったのは半世紀前までで、キメラ=アント討伐初期段階では全盛期の半分ぐらいの実力との事。「護衛軍は自分より強そう」と自評し、さらに離反した蟻からもその通りと酷評されたことで、牙を研ぐため山に篭り、精神統一をし王に挑む。


本気で戦う場合のみに着る戦闘服「心Tシャツ」を着用してキメラ=アント討伐作戦に参加。討伐作戦では王と直接対決し「人間の個の極致」と言わしめるほどの強さを見せる。しかし善戦はするも、右脚と左腕を切り落とされ、最終技も耐え切られ、敵わなかった。最後は相討ちを狙い、「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」を、自害をトリガーに起爆させる。このとき、悪意に満ちた笑みを見せた。毒で汚染して王を殺し、殉職と引き換えに蟻討伐任務に成功する。


2つのDVDに遺言を残していた。「次の会長は、全ハンターの選挙で決めること」「ビヨンドより先に暗黒大陸のリターンを得ること」。

あらすじ

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森でキツネグマに襲われている所をハンターの青年カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。それをきっかけにハンターという職業に憧れを抱いたゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。

『HUNTER×HUNTER』漫画&グッズ

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプコミックス)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました