『終末のワルキューレ』ジャック・ザ・リッパー「霧の殺人鬼」のプロフィールまとめ

動画サービス

ジャック・ザ・リッパー

19世紀の英国を震撼させた「霧の殺人鬼」。右眼にモノクルを掛けた、貴族階級を思わせる老紳士の姿をしており、自らも紳士と称する。ブリュンヒルデからは「人類の中で一番キライなクソ中のクソのゲボカス野郎」と酷評されている。


左右で眼の色が違うオッドアイであり、右眼で見た相手の感情を色で判別する能力があり、本人はこの能力を「神がくれたたった一つのgift」と言っている。戦いの場である倫敦の街中に罠を仕掛け、ナイフを使用した飛び道具での攻撃や、自身の言動で相手を騙すなど、多彩で老獪な闘い方をする一方で自身の持つ戦闘技術も高く、ヘラクレスの攻撃を傘で受け流したり、ロキも認めるほどの体術を持つ。紐を取り付けてあるアンカー付きの二丁拳銃を使用しており、アンカーを2丁の銃で放つことで立体的な行動を可能としている。


試合開始直後は両手で持ち分解して片手で剣としても使える巨大な金鋏が神器練成した神器であると偽り、その金鋏が破壊された後は両腰に着けている神器を創出できる2つの袋が神器練成した神器だと言っていたが、真の神器はフレックが神器錬成した両手の手袋であり、手袋で触れたあらゆるものが神器になる。

袋からは袋以上に大きな物は創出出来ないと本人は言っており、傘や巨大なバタフライナイフの部品を袋から創出し、自身で組み立てることで袋よりも大きな物を作り使用していた。また出した物を手袋で触れることで神器へと変えることで神器を袋だと誤認させていた。

あらすじ

誕生から700万年が経過しても進歩の兆しがない人類は、万物の創造主である神々が1000年に1度集結して開かれる「人類存亡会議」にて、終末を与えられようとしていた。戦乙女(ワルキューレ)の長姉ブリュンヒルデは決議に待ったをかけ、超特別条項神VS人類最終闘争(ラグナロク)により人類の行く末を決めてはどうかと提案する。

当初はその申し出を相手にしなかった神々だったが、ブリュンヒルデの挑発にプライドを傷つけられたことでラグナロクの開催が決定。かくして、天界が誇る最強神たちと、秘術「神器錬成」によって神器と化した戦乙女たちと共に戦う最強の人類「神殺しの13人」(エインヘリャル)による、13番勝負の幕が上がる。

終末のワルキューレ漫画

終末のワルキューレ 1巻 (ゼノンコミックス)

タイトルとURLをコピーしました