『テラフォーマーズ』鬼塚 慶次(おにづか けいじ)/モンハナシャコのプロフィールまとめ

動画サービス

鬼塚 慶次(おにづか けいじ)

日本出身。母親思いの実直な24歳の青年。身長175cm、体重61kg。ライト級ボクシングの元世界王者。外伝漫画『鬼塚慶次』では主人公を務める。マーズ・ランキング8位。専用武器は対テラフォーマー甲殻一体式パワーリスト『ガナ・フライ・ナウ』。


新潟県の離れ小島の出身。地道な走りこみ練習を習慣のように続けるという教本のようなアウトボクシングでライト級王者となり、スーパーフェザー級でも勝ち進んで二階級制覇目前という時、網膜剥離であることが発覚し引退を余儀なくされる。目の手術は成功したが後遺症で遠くの物にピントが合わなくなってしまった。ライセンスを再取得できるレベルにまで治癒するには大金が必要だったこともあり、病気の母親の医療費のため自身の治療を断念する。


その後U-NASAから格闘技術を買われ、母親の治療費で背負った借金も返せるとアネックス計画へのスカウトを受けた。当初、勧誘に来たミッシェルに「病床の母が亡くなったため戦う理由が無い」と告げて一度誘いを断る。しかし、もう一度本土から母の眠る故郷の島を見たいという素朴な願いから「目の良い生物」を手術ベースにすることを条件に計画に参加した。


父親も既に故人だが、幼いころ父から受けた教えのため、相手が女子供ならば自分や仲間の命が懸かっていても絶対に攻撃しないという信条を持つ。
第3部では一警護の社員として、テラフォーマーと戦っている。


手術ベースはモンハナシャコ。人為変態時は甲殻型特有の防御力や再生能力に加え、赤外線や紫外線、電磁場といった不可視光線すら識別できるモンハナシャコの視力と、銃弾にも匹敵するとされる高いパンチ力を得ている。経歴に違わぬボクシング技術を駆使し、一対一での戦闘では無類の強さを発揮する。専用武器は防具兼重りであり、外すことでボクシング技術を遺憾なく発揮できるようになる。戦闘員ではあるが、その視力から偵察を任されることもある。モンハナシャコは幹部用を想定して用意された特別なベース生物で、最強と言われる。

あらすじ

バグズ2号の失敗を受け、U-NASAは長らく火星開発を凍結していた。しかし、図らずも小町達が持ち込んでしまったと見られる致死率100%の火星由来新型ウィルス「A・Eウイルス」による被害者が増加しており、火星でテラフォーマーのサンプルを採取してワクチンを作るためという名目で「アネックス計画」が立案される。同時期、火星探索チームの艦長となった小町小吉とバグズ2号艦長の娘で父から遺伝したバグズ能力を持つミッシェル・K・デイヴスは、生まれながらにしてバグズ能力を持つ青年・膝丸燈に出会う。燈はA・Eウイルスの病で幼馴染を亡くし、同じ病の子供を救うワクチンを作るためにアネックス計画に加わる。


そして西暦2620年、小町小吉を艦長とする大型宇宙艦・アネックス1号によって100名の乗組員が火星に送り込まれた。アネックス1号は着陸前からテラフォーマーの襲撃に逢い、乗組員達は六班に別れて不時着する。20年前のバグズ乗組員達の遺体から特性を盗んだバグズテラフォーマーの襲撃を、アネックス乗組員たちは進化型の「M.O.手術」特性を駆使して対抗する。


各班は母艦アネックスでの合流を目指すが、生まれつきバグズ能力を持つ燈とミッシェルを狙って劉翊武率いる中国・アジア第四班が反逆を起こす。アネックス1号は占拠され地球への連絡を絶たれる。

ドイツ五班は壊滅、ローマ六班も消息を絶ち、ロシア三班は古代文明「ラハブ」の手がかりを得る。日米合同第一班・第二班は窮地に立たされたが、シルヴェスター・アシモフら第三班の加勢もあり、第四班・テラフォーマーとの三つ巴の攻防となる。地球本局に第四班の裏切りを伝えるため、数名がアネックス1号に突入し、通信に成功するが、アネックスは完全にテラフォーマーに占拠されてしまう。

テラフォーマーズ漫画&グッズ

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

『テラフォーマーズ リベンジ』テラちゃんマーク ロングTシャツ(男女兼用)グッズ 服 アパレル (M, ホワイト)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました