【起業1年目の教科書】内容要約と感想まとめ

読書日記

起業1年目の教科書とは

起業というワードを使いながら自分の人生を豊かにするために何をすべきなのかを説いた本。起業とはハードルの高いチャレンジをすることではない。起業で成功する人に多い共通点は、今何をすべきかというと、階段をコツコツと駆け上がる必要があります。そんなことが書かれた本です。起業までの準備やマーケテイング、セールス、商品作り、時間術などを知りたい方は1度店頭で見てみるといいかもしれません。

起業1年目の教科書目次

①起業を思いついたら
②起業までの準備
③ビジネスプランを立てるには
④商品を作るには
⑤価値を設定するには
⑥マーケテイングとセールスを行うには
⑦成功する起業家の時間術
⑧チャンスを最大限に活かす
⑨起業家のチーム作り

起業1年目で成功するには

まずは何事も最初の1歩が大事。そして、リスクをできる限り低くしてかけないこと。よくあるのはコンサルティングを受けて多額のお金を払う人もいますが、これはリスクがとても大きい。まずは1人で考えて修正をと改善をしながら行動をしよう。夢で起業というのがありますが、夢がなくても起業はできます。モチベーションを維持するためのツールでしかない。

時間を確保する

毎日1時間だけ。というように毎日継続することが重要である。サラリーマンをすぐに辞めて起業をするのではなく、毎日隙間時間にコツコツと始めてみるのもおすすめ。いきなり起業はリスクが高い。また、お金の不安を最小化しよう。お金の不安は知ることと明確にすることで解消する。また、テスト用の予算を作ることも大事。起業をする前にまずは予算を設けてテストして実験をしてみよう。できるのであれば、会社で事業としてできるのであればやってみるといいかもしれない。

まとめ

後半ではマーケテイングやセールスの流れも書かれていた。特に興味を引いたのは分散して考えるということ、1投資をしたら1以上の見返りを我々はどうしても求めてしまうけれども大事なのは、分散投資をすること、リスクを最小限に抑えることが大事だと分かった。

起業1年目の教科書

読書日記
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。ハンドメイドでミニチュア作品を作ったり、植物を見るのが好き。個人ラジオ「鹿丸日記」連載中。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました