【ワンパンマン】キング/片目に3本の傷跡プロフまとめ

動画サービス

キング

S級6位→S級7位。29歳。強面で片目に3本の傷跡があり、これはかつて災害レベル神の怪人と繰り広げた死闘の証と言われている。


災害レベル鬼~竜クラスを一撃で倒した功績から、「ヒーローの王者」という意味を込めてキングと命名された。ヒーロー協会の最大戦力にして「地上最強の男」として知られるが、協会の依頼を受けない一匹狼であるためこの順位にとどまっている。

しかし日々怪人を屠っては報告しないストイックな姿勢や、その実力と功績ゆえに協会のみならず一般人からも一目置かれ厚い信頼を寄せられており、怪人からは非常に恐れられている。
極めて寡黙で必要最低限のことしか話さないが、その発言は重みを持って受け止められる。

また緊迫した状況では決まって「ドッドッドッドッドッ」という効果音を発する。この音は「キングが戦闘態勢に入った証・キングエンジン」と称され、周囲から恐れられている。必殺技にキング流気功術奥義「煉獄無双爆熱波動砲」などがある。
………


しかしその実態は無職で引きこもりのゲームオタクで、生まれてから一度も喧嘩をしたことがないため、戦闘力は一般人にも劣る。キングの戦闘能力に関する情報は全てが勘違いもしくは噂の産物に過ぎず、性格も人見知りかつ口下手なだけで、特に寡黙というわけではない。

必殺技もどこかの誰かが勝手に流した噂が独り歩きしているだけである。キングエンジンの正体は恐怖心や緊張感から来る、他人にまで聴こえてしまうほどの大きな心拍音。オタクゆえか、他人のことを「氏」付けで呼ぶ。作中でキングの実態を知る者は、サイタマただ一人である。


とてつもなく運が悪く、かつて偶然にも災害レベル鬼~竜クラスの超凶悪怪人が暴れる現場に5回も遭遇しながらもサイタマが彼らを倒したことで生存、ヒーロー協会からそれを自分の手柄と誤解されてしまいS級に抜擢され、キング本人も悪い気分ではなかったとして積極的に否定しなかったため、真実を言えぬまま現在に至る。片目の傷も怪人から一方的に襲われた際に負ったものである。

 

あらすじ

物語開始から三年前、就職活動に行き詰る青年サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れる。
しかし、いつも一撃で決着が付いてしまうことから、次第に戦いに対する緊張感などを喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。

ワンパンマンのグッズ

アニメワンワンマン(ONE PUNCH-MAN)サイタマの弟子—ジェノス[Combat Ver]塗装済みみ完成品フィギア

ワンパンマン黒XL半袖サイタマOne punch Man

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました