【HUNTER×HUNTER】クラピカ・緋の眼のプロフィールまとめ

動画サービス

クラピカ

第287期ハンター試験合格者。賞金首ハンター。4月4日生まれの17歳。血液型AB型。ガイドブックでは身長171cm、体重59kg。
幻影旅団に滅ぼされた少数民族クルタ族の生き残りであり、同胞の仇を討ち奪われた仲間の眼球を取り戻すためにハンターとなる。


理知的で頭の回転が速く、ゴン一行の中で最も頭の切れる人物。突発的な事態にも即座に柔軟な対応をしながら、複雑な状況にも的確な判断を下す。相手の目を見て嘘や目論みを見抜くなど、洞察眼に優れ感覚が鋭い。


冷徹な理性に反し、精神的には繊細さをあわせ持つ。一度縁を結んだ相手に対しては徹底して義理堅く、弱者に対する同情心を持つ。また潔癖な性格で公正を重んじ、他者に誠実に相対しようとする。こうした性格から来る感情と、狡猾な思考が導き出す解が相反し、内的葛藤に苛まれる事も多い。潜在的には孤独感を抱え続けている。


プライドが高く孤立を好むが、自分が間違っているとわかれば素直に謝罪する。弱者、年少者、年長者、誠意のある者には優しく、無礼な強者には冷たく対応する。レオリオやイズナビ等の親しい者には特に辛辣な態度を取る反面、信頼も寄せている。様々な人物から注目を集める事が多いが、実際はごく簡単な分野で不器用な一面がある。自分の命の優先度が低く、過酷な体験からもう一度仲間を失うことを恐れている。


幼少期は無邪気な性格だったが、過酷な生い立ちを経て非常に警戒心の強い性格に変貌した。文語調の言い回しは幼少期に語学の参考書替わりに用いた小説の影響によるもの。そのため、独白ではクルタ族特有の言葉を使用している設定となり、言葉遣いも口語調になる。性格上、敬語を用いる相手は限定される。また、一人称は「私」だが、故郷に住んでいた時は「オレ」を使用していた。その後もモノローグでは「オレ」だが、まれにモノローグでも「私」を使用しているため、一人称が混在している。

イズナビ師匠との修業で念能力を習得した後にマフィアのノストラードファミリーに加わり、人体収集家でもある令嬢・ネオン=ノストラードのボディーガードとなる。旅団とマフィアンコミュニティーの抗争中に旅団のウボォーギンとパクノダを殺害。

ダルツォルネ亡き後のネオン護衛団のリーダーに同僚達から推薦され、組長のライト=ノストラードから正式にリーダーに任命される。抗争終了後もネオン護衛団のリーダーを務めながら、ゴンらの協力を得て旅団との戦いを続ける。団長の念能力を封印してからは仲間の眼の回収を優先し、仕事に戻る。その後、ライト組長に代わり組の若頭として手腕を奮い、合法的な用心棒と賭博を収入源とする組織に転換させる。

緋の眼奪還も進めており、所有者との取引では大抵の要求を受け入れる。レオリオの推薦で十二支んのメンバーに勧誘され、緋の眼を大量に所有する人物の情報と引き換えに承諾する。特にミザイストムとの連携が大きい。

あらすじ

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森でキツネグマに襲われている所をハンターの青年カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。それをきっかけにハンターという職業に憧れを抱いたゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。

『HUNTER×HUNTER』漫画&グッズ

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプコミックス)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました