【ケンガンオメガ】呉 雷庵(くれ らいあん)のプロフィールまとめ

動画サービス

呉 雷庵(くれ らいあん)

身長=188センチメートル
体重=94キログラム
拳願仕合初参戦
年齢=21歳
誕生日=7月26日
特技=ムカつく奴を殺すこと
趣味=ムカつく奴を殺すこと


アンダーマウント社の代表闘技者。暗殺集団「呉一族」最凶の男。通称『魔人』。容姿は若かりし日の恵利央に酷似している。対象を「蹂躙」することを至上とする極めて好戦的な性格であり、あくまでも依頼を受けた標的のみを確実に殺害する呉一族の中で、ただ独り欲望のままに殺戮を行う異端者である。


呉一族が代々伝えてきた武術を使い、古流柔術などの動きにも対応できる他、自分の血を使った目つぶしなどの喧嘩じみた技も使う。呉一族独自の肉体改造法によって先天的に高い耐久力を誇り、比較的細身の体型ながら非常にタフ。その上「外し」により潜在能力を100%解放することができ、解放後は自分より大柄な相手を片手で放り投げるほどの怪力を獲得する。

これらの理由から、Aブロック随一の実力者と見られていた。加納が語った「若槻より格上」の1人。ただ、トーナメントの時は自身の身体能力のみに任せて戦い、最後まで「外し」以外の呉一族の技は使わなかった。


会場では何度か問題行動を起こしており、仕合前には理人を挑発、「外し」を使って一方的に殴って姿を消し、仕合後には御雷にも喧嘩を売っているが恵利央に今後の計画について教えられたため矛を収めた。
トーナメント1回戦では茂吉と対戦。序盤は西洋武術中心の立ち回りに圧倒されたかに見えたが、「外し」を使い桁外れな力で蹂躙し、最終的には生来の耐久力でほとんど無傷のまま勝利した。仕合中、会場の全勢力を挑発する行為に出る。


2回戦では王馬と対戦。1回戦より力量を上げた王馬に驚かされたものの持ち前の身体能力で徐々に追い詰め、「外し」を発動して「前借り」を使った彼と壮絶な打ち合いを繰り広げ、呉の技を一切使わずに生まれて初めて「勝負」を楽しみ始める。王馬が「前借り」を維持できなくなったのとほぼ同時に自身も蓄積ダメージで「外し」を使えなくなり、それでも単純な力押しだけで攻めたてたが、頸部を攻撃され続けたことで一瞬意識を失いその隙を突かれてラッシュを叩き込まれ、人生で初めての敗北を喫する。


仕合後は王馬より早く回復し、クーデター勃発時には呉一族として守護者の鎮圧に当たる。
トーナメント後は消息不明で、2年が経った『ケンガンオメガ』でも妹と連絡を取っていなかったとされていたが、実際は呉の里の恵利央邸に居着いており、「蟲」に追い詰められていた一夫の前に2年前に死亡したはずの王馬と共に現れ、情報収集のための生け捕りの指示を無視して相手を殺戮していく。その後、煉獄との対抗戦にも代表選手として出場することになる。

ケンガンオメガ・あらすじ

拳願絶命トーナメントの終了から2年が過ぎた。拳願仕合の存在を知った青年・成島光我は、殺し合いを生き抜く本物の強さを求めて山下商事を訪れる。また、時を同じくして前拳願会々長・片原滅堂の前に王馬に生き写しの青年・臥王龍鬼が現れ、闘技者になる手段として山下商事を紹介される。

一方、新会長となった乃木は、拳願会の求心力低下を危惧して最近裏格闘技界の最大勢力となった「煉獄」との吸収合併を試み、相手側の出資者である豊田出光とどちらが団体を吸収するかを賭けて、半年後に代表選手各13名による対抗戦を行うことが決まり、山下たちは候補者の選定に奔走することになる。その裏では「蟲」と呼ばれる謎の集団が暗躍し、拳願会、煉獄の両陣営に魔の手を伸ばそうとしていた。

ケンガンオメガ・漫画&グッズ

ケンガンオメガ(1) (裏少年サンデーコミックス)

ケンガンアシュラ(1) (裏少年サンデーコミックス)

ケンガンアシュラ1[Blu-ray](特典なし)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました