『HUNTER×HUNTER』幻影旅団・マチ=コマチネ(MATIY KOHMATYNEIT)念糸縫合のプロフまとめ

動画サービス

マチ=コマチネ

団員No.3。変化系能力者。身長159cm。体重48kg。血液型A型。流星街出身。
旅団の初期メンバーの1人。勝気で鋭い性格の女性。腕力は団長であるクロロよりも強く、腹に受けたキルアの貫き手を筋肉で抜けなくさせるなど、肉体的な強さは相当なものを誇る。クロロに忠実だが、子供であるゴンとキルアを躊躇いなく殺そうと提案する等、冷酷な側面もある。


ストーリー上では最初に登場した旅団員である。天空闘技場にてヒソカの負傷を念能力によって治療しており、彼とは旅団の活動外でも付き合いがある。非常に勘が鋭く、旅団内でも一目置かれている。クロロや団員に対しては強い仲間意識を持っており、特にクロロに対しては強い思い入れがあるようで、クロロがクラピカに攫われた際は、ノブナガと同様に迷うことなくルールよりもクロロの命を優先し、ルールを優先しようとするフィンクス達は交戦してでも止めようとした。

また、ウボォーギンが殺された可能性が出てきた時は比較的冷静だったのに対し、ヒソカがクロロと対戦して自分が勝った(つまりクロロを殺した)場合はどうするかをヒソカに聞かれた際は、どこまでも追いかけて自分がヒソカを殺すと発言した。

その一方、クロロとの対戦でヒソカが死亡した時には(その後、念で復活)、クロロの除念をしてくれた事に対して感謝していた。そして、ヒソカの身体を治療しようとして断られたため帰ろうとしたところ、オーラで拘束され、「旅団全員に『団員と遭遇したら殺すまで戦う』と伝えて」と頼まれ、激昂した。原作では髪の色はピンクだが、第1作アニメ版では紫になっていた(第2作で原作準拠となっている)。

あらすじ

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森でキツネグマに襲われている所をハンターの青年カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。それをきっかけにハンターという職業に憧れを抱いたゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。

『HUNTER×HUNTER』漫画&グッズ

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプコミックス)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました