【HUNTER×HUNTER】メルエム / キメラ=アントの王のプロフィールまとめ

動画サービス

メルエム

キメラ=アントの王。女王は『全てを照らす光』という意味を込めて「メルエム」という名前を付けた。だが伝えられず、自分でも名前を持とうと思わず、配下からも「王」と呼ばれていた。
先端に針がついた尻尾がある。小柄な体格で一人称は「余」。口癖は「二度言わすな」。


自らが種の全てを託された王であるという自覚と自負を持ち、非常に誇り高い。最終目的は地球の生物を「統一」し、キメラ=アントを更なる次元へと進化させること。
生まれながらに念能力を会得しており、戦闘では主に肉体と念の基礎能力の高さを生かした徒手空拳にて戦う。尾も武器になる。


NGLで誕生した後、レアモノ(念能力者)を捕食するため、直属護衛軍と巣から旅立ち、東ゴルトー共和国に進出。総帥を殺害し国を乗っ取る。500万人の国民に暴力を用いた「選別」計画を実行し、念能力者の軍隊を作ろうとする。当初は暴君として振舞い、人間を家畜としか考えておらず、暴力による恐怖で支配する恐るべき王として君臨していた。


「選別」が始まるまでの暇つぶしとして囲碁や将棋など盤上競技の名人を圧倒する。しかし、東ゴルトー発祥の遊戯「軍儀」の王者であるコムギに勝つ事が出来ず、無力で脆いコムギに自分が圧倒されたことで価値観が変化し、人間のコムギを「客人」として扱うようになる。

またコムギに名前を聞かれて、自分の名前が無いことを疑問に思う。コムギの存在によって人間の中にも少数ながら価値を認める存在がいると認識し、己の力を抑圧のためでなく、不平等な社会を破壊し弱者を庇護して、理不尽な格差の無い世界を創設するために使うと決意した。しかし、この思想はあくまでもキメラ=アントという種族としての理想であり、決して人間とは相いれないという認識が存在していない。

 

あらすじ

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森でキツネグマに襲われている所をハンターの青年カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。それをきっかけにハンターという職業に憧れを抱いたゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。

『HUNTER×HUNTER』漫画&グッズ

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプコミックス)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました