【ワールドトリガー】三雲 修(みくも おさむ)の年齢やサイドエフェクトまとめ

動画サービス

三雲 修(みくも おさむ)

主人公の一人。玉狛第2(三雲隊)隊長。シューター。遊真の同級生。眼鏡をかけた黒髪の少年。中学三年生。15歳。左利き。
5月25日生まれ。身長168cm。A型。うさぎ座。好きな物は親の手料理・橋。


まじめで正義感が強く、不良相手にも臆せず注意する性格。教師からも頼りにされ、他人を助けるために自分の命もいとわない勇敢な少年。しかしこれについては、自らの弱い部分を自覚しているからこその自戒であると語っている。面倒見がよく、当初から遊真のことを気にかけている。その面倒見の良さは遊真から「面倒見の鬼」と称されるほど。また、近界民に狙われていた千佳のことをずっと気にかけていた。ほとんどの場面で冷や汗をかいている描写がされている。


遊真とは対照的に身体能力、トリオン能力ともに弱いが、風間蒼也や師匠の烏丸からは戦闘における経験を無駄にせず、必死に策を練る姿勢を評価されていた。
遊真が転校してくる前からボーダーのC級隊員(訓練生)であったが、周囲の者には隠していた。イレギュラーな門の発生源であるラッドを見つけた功績から、B級隊員に昇格した。レプリカから遊真の過去と目的を聞かされ、彼に新しい目的を与えるためにチームを組み、自身も玉狛支部に転属することになる。


大規模侵攻ではC級隊員の避難を援護し、「金の雛鳥」として狙われた千佳を守り、重症を負いながらも遠征艇にレプリカを投げ込み敵遠征部隊を撤退させたことで一級戦功を上げている。その後、遊真と千佳がB級に昇格したことで隊を正式に結成し、その隊長となる。


C級隊員時はトリガーは主トリガーに「レイガスト」を用いたアタッカーであったが、B級に昇格してからは副トリガーとして銃手用トリガーを扱うようになり、玉狛支部への転属以降はシューターを目指すようになる。戦闘では主に、「アステロイド」「レイガスト」「スパイダー」を使用する。前述の通り身体・トリオンとも能力が低いため、

チーム戦では自身の位置取りと仲間への指示による状況コントロールやワイヤー地帯の作成により「味方を有利にする地形・状況」の設定を主に行う。一方で、スパイダー習得以降は仲間との連携で個人でもポイントを挙げる、敵の行動や狙いを察してその場で即座に行動するなど、着実に成長を見せている。

あらすじ

28万人が住む三門市に、ある日突然異世界への「門(ゲート)」が開いた。門からは「近界民(ネイバー)」と呼ばれる怪物が現れ、地球上の兵器が効かない怪物達の侵攻に誰もが恐怖したが、謎の一団が現れ近界民を撃退する。一団は界境防衛機関「ボーダー」を名乗り、近界民に対する防衛体制を整えた。結果、依然として門からは近界民が出現するにも関わらず、三門市の人々は今日も普通の生活を続けていた。

門が初めて開いてから4年半が経過し、三門市にやってきた空閑遊真が、三雲修に出会う所から物語は始まる。

 

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました