【HUNTER×HUNTER】モラウ=マッカーナーシ/巨大な煙管が武器のプロフィールまとめ

動画サービス

モラウ=マッカーナーシ

一ツ星ハンター。シーハンター。操作系能力者。
ネテロが連れて来たキメラ=アント討伐隊の1人。ネテロも信頼する実力者で、ナックル、シュートの師匠。豪快で人情味のある性格。保身を優先し現場とは温度差のある副会長派および審査部に強い不信感を抱いている。経験と実力からなる的確な判断力を持ち、常に余裕を持って戦闘に挑む。

どんな相手にも「100%勝つ気概でやる」が信条であり相手が護衛軍クラスでも臆することは無い。肺活量に絶対の自信がある。巨大な煙管を武器として使用し、紫煙拳もキセルを媒介して発動する。

実力はオーラ総量7万・煙人形最大216体出せるというレベルで、中堅プロハンター1人のオーラ総量2万を大きく上回る。キメラ=アント討伐により一気に三ツ星ハンターになる可能性もある。
討伐作戦ではネフェルピトーの操作兵士の陽動を担当しつつ、ヂートゥ、レオルといった師団長を連破する。だが連戦により激しく消耗していた(本調子の35%)。それでも宮殿突入作戦に切り込み、シャウアプフと単独で交戦する。

プフの術策によってキセルを奪われ、モントゥトゥユピーと交戦中のナックルのサポートに回る。作戦前からの疲労もありユピーとの戦いで体力が尽き窮地に陥るが、ナックルがユピーとの交渉に応じたためにユピーに助命された。その後、ノヴによって治療のため戦線から離脱する。


会長選挙では、外部によって政争に巻き込まれてしまう。このとき、功績を上げた蟻討伐は「あくまで作戦のサポート役の仕事」「自分を強いとも思っていない」と発言しているものの、謙遜である。また実力の伴わない自称武闘派ハンターに対しては辛辣。

あらすじ

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森でキツネグマに襲われている所をハンターの青年カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。それをきっかけにハンターという職業に憧れを抱いたゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。

『HUNTER×HUNTER』漫画&グッズ

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプコミックス)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました