パキラは縁起のいい植物?育て方もまとめてます

植物と暮らす

今回は、観葉植物であるパキラについて、勉強した分をアウトップともかねてつらつらと書いていきます。

将来小さい店で植物を売りながら、自分のイラストや小物、音楽などおくことができたら幸せだなと思っています。ちなみにパキラは自分の家でも買っており、引っ越し祝いで母親のママ友からもらったもので結構大きく育ちます。

話がそれましたが、さっそく見ていきましょう。

【観葉植物】パキラとは

パキラの特徴

パキラは高さ20mになる高木です。なので大きくなる植物でもあります。幹は太く、子株のときは緑色ですが、大きく育つと灰緑色になるそうです。

パキラはもともと果樹やパルプ材にするため台湾に導入され、30年ほど前にこれを観葉植物に利用しようと日本に輸入されました。

常緑性で日陰でも育つため初心者でも育てやすいのがメリットでしょう。

パキラの花言葉

パキラの花言葉には「快活」や「勝利」という意味が込められているそうです。

勝利には、お金をもたらす植物とされていることから発財樹と呼ばれています。昔、貧しい人たちがパキラを売ったらお金持ちになったことから由来されているとのこと。

風水に関しても、金運だけでなく仕事運や勉強運を高めてくれる効果があるとされ、縁起の良い観葉植物です。

【観葉植物】パキラの育て方

パキラを育てる際の土は?

パキラを育てる際の土は、水はけのいい土であれば大丈夫です。

パキラの栽培場所はどこがいい?

日当たりの悪い場所でも育ちますが、日陰に長時間置くと、やはり枝が折れやすくなります。できるだけ、日光が当たるような場所にしたほうがいいかもです。

パキラの水やりの頻度は?

パキラは乾燥に強いため、土の表面が乾いてきたら水をあげましょう。

まとめ

第一回は我が家にもあるパキラのことについて話しました。今後も植物の勉強をインプットしたら書いていくのでよかったら参考にしてもらえると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました