私が今月おすすめする”本”

パキラの葉が黄色になる理由は?|枯れる原因とは

植物と暮らす

【観葉植物】パキラの葉が黄色になる理由は?

パキラの葉が黄色に変化する最も一般的な原因は、不適切な土壌水分、特に水やりです。

水やりの時は鉢の底にある排水穴から受け皿に水が流れるように、十分な水をやりをしましょう。受け皿に余分な水を捨て、植物を水に浸けないようにすることが重要です。また、葉が黄色や褐色のある茶色になった場合は、根腐れの兆候かもしれませんので気を付けましょう。

パキラは湿度が低いと葉が黄色くなることも

パキラは感想を嫌います。湿度が低く、土壌が乾燥していると、葉の端が垂れて茶色になり、その後、全体が黄変、褐色になり、やがて葉が落ちるときがあります。なので秋から冬にかけては葉水をしてあげるといいです。

強すぎる直射日光はパキラの葉っぱを黄色にするかも

パキラは、明るい間接的な日光の下に置かれたときに最もよく成長しますが、直射日光に長時間さらされると、葉焼けします。また、パキラは暗い場所に適応することができますが、成長は遅くなるかもしれません。非常に暗い場所に置くと、黄色の葉ができることもあるのでバランスが大事です。

害虫で生命力が弱って葉が黄色くなることも

ハダニのような樹液を吸う虫は、植物の水分を排出する可能性があります。カイガラムシやハダニは、屋内で育てても頻繁に発生します。早い段階で対策をしないと、虫は増殖し、葉の部分に沿って隅や隙間に移動します。栄養剤を水で薄めて葉水をしてあげるのも効果的です。また、無地がいる場合は、濡れ雑巾で拭いて虫を取り除きましょう。

まとめ|多少の黄変は自然にもできる

パキラが成長しすくすくと育つと、黄ばんだ葉がより古い場合、特に植物の底で、この黄色に変化することは自然のことでもあります。あなたの植物は古い葉を落とし、新しい新芽を成長させることに注力を充てるのであまり心配しないように。他の記事でもパキラについて書いているので参考にしてみてください。

植物と暮らすパキラ
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。DIYや読書、植物観賞が趣味。Podcast「植物男子のおうち時間」連載中。将来はクッキングパパになりたいと思うこの頃。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました