【観葉植物】室内でパキラを育てるときに注意することは?

植物と暮らす

パキラは信じられないほどの屋内植物で、とても育てやすい植物とも言われれています。今回はそんな観葉植物であるパキラを室内で育てるうえでの注意点を見ていきましょう。

【観葉植物】パキラの詳細

名前–パキラ

高さ

自然環境 10〜20 m
屋内植物 2m

置き場所–窓際
土壌–土壌混合
葉–常緑樹
開花– 1月から12月

植え付け、植え替え、水やり、手入れはすべて、パシラの成長を促進し、病気から保護するための優れた方法です。

室内でパキラを育てる

まずは土壌混合物を用意します。鉢の底に粘土の小石を置いて、排水を容易にし、根が水に浸からないようにすることをお勧めします。パキラは熱帯植物であるため、暖かさと湿気の両方を含む特定の気候パラメーターでのみ成長します。

パキラの水やりの頻度は?

暑いときはパシラの周りの土が乾いたら、水をたっぷりと与えてもいいです。しかし、冬の季節の間に水やりの間隔をあけてください。力強い成長と壮大な葉のために、肥料も成長期に土壌に混ぜるといいと思います。

パキラの葉が黄色くなったらどうすればいい?

葉が黄色くなっている場合、これは通常、過剰な水分があるか、排水が不十分であることが原因です。水やりをやめ、適度な量の土壌が乾いたときにのみ水やりを再開します。

排水を増やします。つまり、水が流れ出るようにします。鍋の底に粘土の小石や砂利を置きます。
鉢の底に適切なサイズの穴があり、その中に水が停滞していないことを確認します。最悪な場合、根が腐っている場合もあるのでその時は腐っている根を排除して、乾いた土壌に植え替えた方がいいです。

パチラの葉が茶色に変わったらどうすればいい?

水が不足していて周囲の空気が乾燥しすぎていることを示しているので、水を上げましょう。

 

パキラをアパートで育てるときにしてほしいこと

アパートでパキラをを育てるとき、あなたは日光が届く窓際の近くに置くのをおすすめします。

また、10月から3月までの休眠状態では、肥料を追加しないでください。

まとめ

今回はパキラを室内で育てるうえで気を付けることを焦点に充てて記事を書きました。熱帯系の植物は寒い時期に水を上げるのは控えるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました