【観葉植物】ピレアの冬の水やりの頻度はどのくらいがいい?

植物と暮らす

【観葉植物】ピレアの詳細情報

名前– ピレア
家族–イラクサ科
タイプ–多肉植物

高さ–30 cm
露出–明るい
土壌–軽く、水はけの良い
葉–常緑樹

 

ピレアの育てるときに気を付けること

あなたのピレアを完璧な場所に置く。ピレアは中国南西部に自生しているため、夏が暖かく、冬が穏やかな気候に最適です。

ピレアは通常、寒い時期で10°C未満の気温に耐えることはできません。なので、ピレアを屋内で育てるのがいいでしょう。最悪、秋から冬にかけては室内で育てるようにしましょう。水やりもできる限り寒い時期は控えてください。日当たりの良い場所が大好きなので、窓際に置いて育てるといいです。

 

花が咲いていないときに購入した場合は、購入した直後にミズを植え替えることができますが、この植物の鉢は通常、植物にとって小さくなりすぎる前に、さらに2年間使用できるように設計されています。

ピレアは挿し木で繁殖する?

ピレアは、若い茎から2〜3インチ(6〜7 cm)の挿し木を準備することで繁殖させることができます。

ピレアの水やりの頻度は?

ピレアは基本的に多くの日光を必要とする植物です。週に2回程度、定期的に水をやる程度でいいと思います。また冬の時期はこれよりも水をやる頻度は抑えましょう。また、ひりょおうを追加する場合は春と夏にすると、ピレアも成長しやすいです。

まとめ

今回はピレアを育てるうえで気を付けるべきことを書いていきました。参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました