【D.Gray-man】ラビのプロフまとめ│「鉄槌(てっつい)」

D.Gray-man考察

 

ラビ

ブックマンの一族の者で、次期ブックマン後継者である青年。現在は記録のために、エクソシストとしてブックマンと共に教団に所属している。対アクマ武器は装備型の「鉄槌(てっつい)」。

本名は不明で、ブックマンの跡継ぎとなった時に本当の名を捨てたらしい。現在の名称「ラビ」は「49番目の名前」で、エクソシストになった時に付けたもの。教団に入る前の記録地(ログ)での名前は「ディック(”dick”)」。様々な異種族の血を引いている。語尾に「〜さ」をつけるのが特徴。ルベリエやクロスなど一部の人間からは「ブックマンJr.(ジュニア)」と呼ばれている。一人称は「オレ」。

エクソシストの中でも、派手な小物を多く身に付けている。赤い髪であり、額にうろこのような模様が入った黒いバンダナを巻いていたが、本部が移転し団服が変わって以降はデザインも変わった。タレ眼で瞳の色は翡翠色。そして右目には黒い眼帯をつけており、その右目がブックマンになることを決定づけたらしいが、詳細は不明。環っか型のピアスを付け、オレンジ色のマフラー(実際は首巻)をしていることも多い。ファンブックよりラビは美形で色気のあるキャラクターだと作者が明言しており、公式美形である。

 

軽薄な性格に見えるが、実は非常に頭脳明晰かつ、ドライでシビアな思考を持ち、分析力、観察力に長ける。何かと倒したAKUMAの数など数値を記憶する癖があり、一度見たものは隅から隅まで、形・汚れなど頭に記憶している。

好きな女性のタイプは未亡人。対象の女性は10歳から40歳まで範囲内で、主に性格よりも顔や色気を重視しているようだが、本人は否定している。自分の好みの女性をみつけるとストライク(一目惚れ)する。それがAKUMAやノア(アニメ版のルル=ベルに)でも対象となる。

 

あらすじ

「機械」「魂」「悲劇」を材料に造り出される悲しき悪性兵器「AKUMA(アクマ)」。AKUMAの製造者で世界終焉への計画を進める「千年伯爵」。

そして、唯一AKUMAを破壊できる神の結晶「イノセンス」に選ばれた存在である、「エクソシスト」達。主人公・「アレン・ウォーカー」もその一人であった。

アレンは世界とAKUMAに縛られた魂を救うべく、仲間と共に長く険しい戦いに身を投じていく。

 

デイ―グレ・グッツ

D.Gray-man 公式ファンブック 灰色ノ記録 (ジャンプコミックス)

スポンサーリンク



D.Gray-man考察
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました