レゴシ(ハイイロオオカミ)の身長や体重は?プロフィールまとめ│BEASTARS

動画サービス

レゴシ(ハイイロオオカミ)

本作の主人公。性別はオス。物語開始時はチェリートン学園の高等部2年生で演劇部の美術チームに所属し、照明係を担当していた。
4月9日生まれの17歳。牡羊座で血液型はO。身長185センチメートルの体重71キログラム。毛色は灰色。好きなものは昆虫と天気予報。


大柄な体格や高い戦闘能力に見合わず、弱者や秩序を重んじる繊細で心優しい性格だが、肉食獣ひいてはオオカミとして誕生したことへの強い劣等感から「無害な存在でありたい」と望んでおり、普段は非常に寡黙かつ不器用で目立つことを嫌っているため、他者とのコミュニケーションが得意ではない。このため、幼馴染であるジャックや701号室のルームメイトなど一部の友人・知人を除いて、周囲からは近寄りがたい変わった動物だと思われている。


ハルとの出会いをきっかけに様々な経験を経て抑え込んでいた自分を少しずつ出すようになっていくが、ハルへの感情が恋なのか肉食獣としての本能(食欲)なのか懊悩している。リズが食殺犯だと知って以降は何食わぬ顔で学園生活を送るリズへの怒りを抑えられなくなることもあったが、自身もハルへの感情で悩んでいたため「自分もリズと同じようになっていたかもしれない」という思いから、大晦日に決闘で自身の思いをぶつけて決着を付けることにしている。


しかし、リズとの決闘の際に、ルイ当人から半ば強制される形で彼の右足を食べたため、食肉の前科が付いて草食獣との関わりに複数の制約が課せられることになる。それを期に学校を中退して、うどん屋でのアルバイトで生計を立てながら一人暮らしを始める。しばらくは毎晩自室で暴れるほど食肉の禁断症状に苦しんでいたが、マンションの住民との交流関係が進展していったことや、骨肉麻薬の密売人と対峙した騒動を期に「自身が“草食獣”という存在が好きな変態性欲の持ち主ではないか」と自問自答するようになってからは症状は治まっている。
ジャック以外には表沙汰にはしていないが、純血種でないハイイロオオカミとコモドオオトカゲのクォーターであり、実の祖父であるゴーシャに似ているとされている。しかし、母親・レアノが自殺してからは長らくゴーシャとは直接会っておらず、退学後、ジャックに居場所を教えられたゴーシャが訪ねてきたことにより再会を果たしている。その際には、以前からゴーシャに対して平然と種族差別が行われるような社会のあり方へ違和感や疑問を抱いていたことを打ち明けている。

BEASTARSあらすじ

 

中高一貫のエリート学校・チェリートン学園内で、ある日草食獣アルパカの生徒テムが肉食獣に殺されるという「食殺事件」が起きる。テムと同じく演劇部部員であったハイイロオオカミの少年レゴシは、大型の肉食獣であることに加えて寡黙な性格や意味深な言動が災いし、テム殺しの犯人だと疑いの目を向けられてしまう。幸いこの疑惑はすぐに晴れることとなるが、結局真犯人は見つからないままであり、学園内に生まれた肉食獣と草食獣の確執のようなものが消えることはなかった。

BEASTARS漫画

BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました