【ONE PIECE(ワンピース)】サボのプロフまとめ│革命軍参謀総長。

ONEPIECE考察

サボ

革命軍参謀総長。エース・ルフィの義兄弟。懸賞金6億200万ベリー。
「東の海」ゴア王国出身。22歳。誕生日は3月20日(「さ〜」=3、「ぶ〜」=2、「お〜」=0)。身長100cm(10歳時)→187cm。うお座。血液型X型。好物はラーメン。


若くして革命軍No.2の立場である青年。ゴーグル付のシルクハットや黒いコート、青い上着に首に巻いたスカーフが特徴。子供の頃は短髪に欠けた歯が特徴で、現在は髪をやや伸ばし顔の左側に大きな火傷の痕がある。エース・ルフィとの絆は何よりも強く、ルフィに危機が迫れば世界のどこにいようと立場を押して駆けつけると決意している。基本的には気さくで冷静な性格である一方、エースやルフィと同様に感情に任せて単独行動をとることも多い。

仲間との通信では自分の要件だけ言ってすぐに切ってしまうため、同僚のコアラやハックをよく困らせている。また、ルフィ同様人の名前を正確に覚えず変わったあだ名で呼ぶことがある。幼い頃は、3人の中で最も落ち着いた性格で、当時はやや荒々しかったエースをなだめることが多かった。
「武装色の覇気」を纏った「竜爪拳(りゅうそうけん)」という拳法を駆使する。金属を簡単に握り潰す「竜の爪」と称する強力な指の力を持つ。ドレスローザ編で自然系悪魔の実「メラメラの実」の能力者となり、炎の攻撃を組み合わせるようになる。武器は、幼少期から使っている鉄パイプ。


ゴア王国の貴族の生まれであるが、エゴイストの両親によって全てが親の都合で決められた人生を送ることに嫌気がさし、自由を求めて家出しグレイ・ターミナルで暮らすようになる。海賊に憧れ、5歳の頃にエースと出会い、将来海賊船を手に入れるため海賊貯金を始める。5年かけて、二人でチンピラや悪党から金品を奪ったり、宝物を探したりして、中間の森の隠し場所に保管していた。当時は広い世界を見てそれを伝える本を書くという夢を抱いていた。海賊旗はSの文字に×マーク。12年前、ポルシェーミに捕まったルフィをエースと共に救出する。

その件でブルージャム海賊団から追われる身となり、自ら申し出てダダン一家と共に暮らすようになる。その後、海賊になるためにエース・ルフィとの共同生活を送る中で、彼らと盃を交わし義兄弟となる。エースと出会った頃から共に毎日鍛えこみ、荒くれ者や野獣相手に常に喧嘩をしていた事から、喧嘩の腕はエースと伯仲しており、ルフィは2人に全く歯が立たなかった。

ある日、中心街に忍び込んだ際に父親に発見され、エースとルフィが父親に買収されたブルージャムに痛みつけられたことから止むを得ず家に戻る。その後、義弟のステリーからグレイ・ターミナルが焼き払われることを知り、何とかそれを防ごうとするが、国や貴族が放火を命じた側であることを知り、貴族に生まれたことを心底から恥じ、その時遭遇したドラゴンに自分の心情を打ち明けた。

翌日、海に出る決意を固めて出港した矢先、ゴア王国の視察に訪れた天竜人の砲撃で船を沈められ、顔の左側に大きな火傷の痕が残るほどの重傷を負ったが、ドラゴンによって救われ一命を取り留めた

あらすじ

シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。旅立ち直後にいきなり遭難したルフィは、海軍に入ることを夢見る少年コビーと出会う。ルフィは女海賊アルビダを倒し、コビーを海賊船の雑用係から解き放つ。
ルフィとコビーは海軍基地の町「シェルズタウン」に到着する。「海賊狩り」の異名を持つ悪名高い賞金稼ぎロロノア・ゾロが海軍に捕らえられていることを知ったルフィは、海軍基地に乗り込み、ゾロを救い出す。三刀流の剣士ゾロは、圧政を振るう海軍大佐モーガンをルフィと共に倒し、ルフィの最初の仲間となる。二人はコビーと別れ、世界中の海賊が集まる海「偉大なる航路(グランドライン)」を目指す。

ワンピース グッズ

ワンピース DXF BROTHERHOOD II フィギュア アニメ グッズ プライズ バンプレスト ルフィ&サボ&エース全3種フルコンプセット

フィギュアーツZERO シャンクス(頂上決戦Ver.) [並行輸入品]

 

スポンサーリンク



ONEPIECE考察
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました