部屋の中でサンセベリアで育てるうえで気を付けるべきこと

植物と暮らす

サンセビリアとは

サンセビリアはアフリカ、マダガスカル島、南アジアに自生しています。サンセベリアは一般的にはヘビ植物または義母の舌と呼ばれます。実際には70種類の種があります。

サンセベリアは花を咲かせますが、花は小さいので、花ではなく葉のために育てます。小さな花は長い茎や総状花序に集まって成長し、最終的には果実を作ります。本来の生息地では、花は蛾によって受粉されます。花はサイズも数も少ないので、種子はあまり出ません。屋内で栽培すると、花に受粉する蛾がいないため、果実は生産されませんのでご安心ください。

サンセベリアは種子から成長することができますが、地下茎を介して広がることによってより頻繁に繁殖します。小さいタイプはそれほど広がりませんが、高いタイプは積極的に広がり、熱帯地域の景観に侵入する可能性があります。

サンセベリアを屋内で育てる方法

観葉植物としてサンセベリアを栽培してると思います。サンセベリアは日当たりの良い場所でもいいですが、日光の少ない部屋でも育つことは可能です。土はサボテンの培養土を使用するか、通常の培養土に粗い砂を加えるのをおすすめします。

水をかけすぎないように注意しましょう。水やりは土が乾いているときで大丈夫です。

サンセベリアのおすすめの鉢はどれ?

サンセベリアの理想的な容器は粘土でできているものだといいです。粘土は多孔質であるため、プラスチック製の鉢よりも土が早く乾きます。プラスチック製の鉢は湿気を保持しまうのでおすすめはしません。これは湿った土壌を必要とする植物にはとてもいいのですが、乾燥状態を必要とするサンセビリアのような植物では根腐れを引き起こす可能性があるので注意してください。よくあるのは水のあげすぎで枯れてしまうので注意しましょう。

サンセベリアは温かい場所を好む?

熱帯植物であるため、低温に非常に敏感です。冬の間は、風通しの良い窓やドアから離れた暖かい部屋に保管してください。

まとめ

今回はサンセベリアの室内での育て方について学んだのでアウトプットとして記事にしました。粘土の鉢の方がいいとは知らなかったのでいいことを学べてよかったです。

植物と暮らす
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。ハンドメイドでミニチュア作品を作ったり、植物を見るのが好き。個人ラジオ「鹿丸日記」連載中。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました