『Dr.STONE』(ドクターストーン)石神 千空(いしがみ せんくう)のプロフまとめ

Dr.stone考察

 

石神 千空(いしがみ せんくう)

本作の主人公。逆立った白髪が特徴の16歳の少年。身長171.4センチメートル。1月4日生。
口癖は「唆るぜ、これは!」。また修飾語に「100億パーセント○○」という言葉をよく用いる。根っからの科学オタクで、「科学は地道な探求」という持論を持つ。数学にも強く複雑な計算を暗算できるほか、ある程度医学、生物学、植物学などの知識も持ち、それらの知識を文明崩壊後の世界で皆が生き残るために役立てる。

頭脳明晰で技術に詳しい反面、身体能力自体は低い。合理的な性格だが非情ではなく、1人の命と大勢の命を天秤にかけるような場面でも1人の命を見殺しにできない甘さもある。その性格は少年のころからで、宇宙へ行くという夢のもと、積極的に実験を繰り返していた。


広末高等学校科学部部長の男子高校生だったが、石化後、秒数を数えて暦を把握し、大樹よりも数か月前に復活。原始に戻った世界で再び科学をもたらすべく奮闘する。
完成させたサルファ剤でルリの肺炎を完治させ、正式に石神村の長となる。長になったことで、科学関連の作業に村人を総動員できるようになる。科学関連の作業の過程で村人の生活水準を飛躍的に上げているのもあって村人からの信頼度は高く、千空が鉱石採掘のために出掛けている間にゲンの提案で、誕生日プレゼントとして天文台が造られる。

 

あらすじ

高校生の大木大樹は、以前より想いを馳せていた小川杠に自分の気持ちを告白しようとしていた。その宣言を聞いた幼馴染の石神千空から心の籠っていない激励を受け、大樹は遂に杠を学校のクスノキの木の前に呼び出して告白に臨む。ところがその刹那、突如空が眩く発光し、地球上の全人類が一斉に石化するという怪現象に襲われてしまう。

五感を失い身動きが取れない大樹は、「杠への想い」だけを糧に長い年月を耐え続けた末に自由な身体を取り戻すが、目前には樹木が生い茂り、風化した景色が広がっていた。大樹は一足先に石化が解けて目覚めていた千空と再会を果たし、彼からこの世界が自分達の時代からおよそ3700年経過しているという現状、そして人類が消えて滅んだ世界で自力で文明を再建させるという決意を聞かされる。自分達の石化が解けた原因が「石の腐食」であると踏み、二人だけで約半年に渡る実験を経て石化を解く「ナイタール」を完成させる。早速、完成品を杠に使用しようとしていた矢先、野生のライオンの群れと遭遇してしまった二人は、逃走する途中“霊長類最強”と詠われていた獅子王司を復活させ危機を脱する。しかし、司は自身の思想に合わない人間を容赦なく排除する危険人物だった。司の本性を知った二人は杠を復活させ、再会を喜ぶ間もなく逃走を図る。

 

ドクターストーン・グッズ

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックス)

Dr.STONE ドクターストーン Vol.1 [Blu-ray]

スポンサーリンク



Dr.stone考察
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました