~ブログ集客の相談~

『るろうに剣心』瀬田宗次郎(せた そうじろう)のプロフィールまとめ

動画サービス

瀬田宗次郎(せた そうじろう)

身長163cm、体重51kg。文久元年(1861年)9月生まれ。相模国出身。乙女座、血液型AB。特技:雑用全般。好きな食べ物:団子。初登場時は16歳。
“天剣”の宗次郎。十本刀最年少にして最強の剣士。書生風のあどけない少年だが、志々雄の最古参の部下で信頼も厚い。普段は側近として付き従いつつも、大久保利通暗殺をはじめとした数々の最重要任務に派遣されている事実上の志々雄の右腕。剣心に匹敵する天賦の剣才「天剣」と、喜怒哀楽の「楽」以外の感情を持たないがゆえに思考や気配が一切読めない「感情欠落」、強靭な脚力で瞬間移動並みの速度を発揮する超神速の移動術「縮地」を兼ね備えている。

あどけない笑顔でさらりと残酷な発言もする一方、天然な面もあり、日本刀などに関する知識はあまりなく、由美からボウヤ扱いされ「剣の腕が立つ割には、オツムの方がサッパリ」とツッコミも入れられる。


大きな米問屋の主人と妾の間に生まれ、幼少の頃より養父母を含む親戚一家から疎まれ過酷な虐待を受けた結果、反抗的な態度をとるほど被害を受けると痛感。理不尽な目にあわされても、笑っていれば呆れてやめるから一番被害が少なくてすむと無意識のうち感情を封印し、つねに愛想笑いを浮かべるようになる。その頃、全身に大火傷を負い追っ手から逃亡中の志々雄と偶然遭遇し、殺されそうになるも笑っていたことから、食事と包帯を提供し、米蔵に匿うことを条件に見逃してもらえた。

しかし親族たちは包帯が予備も含めて大量に無くなっていたことからそのことに勘づき、反逆罪に問われる前にと宗次郎を殺そうとする。追い詰められた結果、宗次郎は志々雄から宿賃代わりに渡された脇差で家族を全員斬殺し、明治維新後の志々雄の最初の部下となり、共に政府を倒し天下を盗る闘いに臨む。志々雄を恩人として尊敬し、志々雄から与えられた「弱肉強食」を至上の思想としているため自ら思考することを放棄している

 

『るろうに剣心 』のあらすじ

東京編


物語の序盤(テレビアニメ化の際に便宜的に付けられた名称)。主に剣心と薫・弥彦・左之助の出会いなど。単行本ではエピソードごとに「斬左編」「黒笠編」「恵編」「雷十太編」とされている。アニメでは、オリジナルストーリーとして「真紅の海賊編」が加わる。

京都編


政府に恨みを持つ、志々雄真実一派の武力による明治政府転覆を阻止する物語。戦いの場は京都と指定されたため、剣心たち一行も東京を離れ現地に活動拠点を置くこととなる。「斎藤一編」(単行本での名称)は東京が舞台であるが、『剣心華伝』では京都編のエピソードとされている。

人誅編


剣心が人斬り抜刀斎として剣を揮っていた幕末時代に、姉・雪代巴(抜刀斎の妻)を殺された雪代縁を中心に、抜刀斎への復讐を目的に集まった六人の同志たちとの私闘を描いた物語。「人誅」とは、「天が裁かぬならば自分たちが裁く」という意味であり「天誅」から変化した造語。
この中で剣心が語る過去の話は、のちに『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 追憶編』のタイトルでOVA化された。

るろうに剣心漫画&グッズ

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

るろうに剣心 豪華版 [Blu-ray]

タイトルとURLをコピーしました