【終わりのセラフ】シノア隊のキャラまとめ│与一、君月、三葉、、、

動画サービス

どうも、こんにちは

 

今回は【終わりのセラフ】シノア隊のキャラまとめ│与一、君月、三葉、、、のプロフまとめをしました。

それではいきましょう。

柊 シノア(ひいらぎ シノア)

漫画におけるヒロイン。グレンの命で優一郎の監視役をクラスメイトを兼ねて務める少女。12月25日生まれ。15歳。階級は軍曹で、幾度となく下る昇格辞令を毎回拒否して軍曹以上の階級を得ようとしない。月鬼ノ組シノア隊隊長も務める。髪を後ろで大きな濃い紫色のリボンで結えている。常に笑顔を浮かべ本心を表に出さない。面白いことを好み、そのために悪戯を仕掛けたり、あえて事態を放置することもある。

柊家の直系で、鬼呪装備の開発者である真昼の実妹。姉と同じく生まれた時から体内に《鬼》を宿し、身体能力や呪術における才覚は帝鬼軍でもずば抜けているが、本編での描写は少ない。柊を裏切った姉の影響で中枢からは見放されていると自ら語る。上司であるグレンには信頼されているが、自身の危機管理能力の低さと仕事に対する怠慢な面は指摘されている。生まれてから誰からも必要とされていなかったため冷めた性格をしているが、優一郎から仲間として必要とされ、それには応えてみようと考えるようになり、仲間を死なせたくない一心で隊長としての責務も果たしていく。名古屋空港で終わりのセラフの実験によって変貌した未来を目撃し、多くの帝鬼軍兵士が虐殺され、グレンが完全に真昼に乗っ取られたことから離反を決意し、シノア隊全員と真琴で帝鬼軍を離反した。離反した現在では軍服は脱ぎ捨てている。

鬼呪装備:四鎌童子(しかまどうじ)シリーズは不明。形状は大鎌。具現化。小説版五巻時点ではシノアに埋まっていた鬼を真昼が取り出し、真昼が装備している。「しーちゃん」と呼んでいる。性別不明であり、小説版第七巻にて対面したシノアは、美しい男にも見えるが女かもしれないという印象を持っている。シノアの器について姉の真昼とは比較にならぬほど上と称えるが、シノア本人は鬼の甘言と判断している。鎌の攻撃範囲に入った敵を感知する能力を持つ。

早乙女 与一(さおとめ よいち)

優一郎のクラスメート、そしてチームメイトの少年。学校で優一郎と共に吸血鬼に立ち向かったことをきっかけとして友人となる。11月23日生まれ。16歳。幼い頃に吸血鬼の襲撃を受け、自分を庇った姉を殺害されている。自分の命への執着心が薄く、それを付け込まれ鬼に身体を乗っ取られたが、優一郎と君月の説得により支配を撥ね退け、制御に成功した。小百合からは「鬼に対する心の安定度は圧倒的」と評されている。姉を殺害した吸血鬼への復讐心から軍への入隊試験を受けるが落ちてしまう。だが、優一郎と出会ったことをきっかけに優一郎と共に月鬼ノ組への配属を認められた。また、優一郎同様に終わりのセラフの被験者の一人である。

鬼呪装備:月光韻(げっこういん)黒鬼シリーズの一つ。形状は弓矢。具現化。鳥の形を取り、相手を狙撃する。

君月 士方(きみづき しほう)

優一郎のクラスメイトかつチームメイト。11月26日生まれ。16歳。短気かつ見下すような言動を取ることが多く、授業時の態度も良くないが、成績は優秀である。だが、その性格故に優一郎と同様グレンにより友達作りをさせられていた。優一郎とは初対面から喧嘩沙汰になるなど折り合いが悪いが、危機に陥った優一郎のフォローに回るなど面倒見のよい一面も持つ。また、車の修理や運転、家事をこなせる。未知のウイルスに侵された妹・未来の治療のため実力をつけ出世することを望み、軍に入隊する。また優一郎、与一同様に終わりのセラフの被験者の一人である。

鬼呪装備:鬼箱王(きせきおう)黒鬼シリーズの一つ。形状は双剣。憑依化。具現化の能力も使える。当初は君月を従わそうとするも、次第に君月のことを気に入り、憑依を認める。

三宮 三葉(さんぐう みつば)

優一郎のチームメイトの少女。階級は、特務少尉。7月7日生まれ。16歳。早くから吸血鬼殲滅部隊に属し優秀であるが、プライドが高く、シノアに対してはかなりの対抗心を持っている。当初はシノア隊に組み込まれたことに不満を抱いていたが、徐々にシノア達とも打ち解けていく。また、三宮家として恥じぬ生き方をしていきたいと思っているがそれ以上に仲間や家族を大事にしたい気持ちを持っている。ヨハネの四騎士に殺害されそうになった仲間の救出のため、陣形を崩してまで独断専行し、逆に戦利的に不利な状況に陥った三葉を庇った仲間が犠牲になったという過去を境に、チームワークをかなり重視するようになる。そのため、度々一人で先走りがちな優一郎を嫌っていたが、吸血鬼との戦いで幾度となく優一郎に助けられ、命を救われるうちに彼の優しさに触れ、好意を持ちつつある描写が増えている。

鬼呪装備:天字竜(てんじりゅう)茶枳尼シリーズの一つ。形状は巨大な斧。具現化。能力は鬼を何匹か生み出す。シノアや与一と同じく戦闘時のみ具現化させる。

百夜 優一郎(ひゃくや ゆういちろう)

漫画における主人公。愛称は「優」。8歳の頃、親に「悪魔の子」と呼ばれ迫害された末にクリスマスの日に百夜孤児院に引き取られた。16歳。10月16日生まれ。旧姓は天音。地下都市ではミカエラと共に年少の子供達の面倒を見ながら地上への脱出を目指していたが、脱出の際にミカエラ達を失い、吸血鬼への復讐のため力を求めるようになる。階級は、特別二等兵。親に捨てられた過去や吸血鬼への復讐心故に、他人との交流を意図的に避けている。短気かつ直情的な性格であり、刺刺しい口調で接することが多いが、どんな相手に対しても臆することなく接せられる勇敢さと、仲間や家族を大切に想う優しさを持ち合わせている。グレンに対しては「馬鹿グレン」呼ばわりし反抗しているものの、恩義は感じているため、自分が利用されようともミカエラを救わせることを条件にグレンに付いていく意向を示している。

鬼呪装備:阿朱羅丸(あしゅらまる)

元吸血鬼。現在は黒鬼シリーズの一つ。形状は日本刀。憑依化。具現化の能力も使える。吸血鬼の時はアシェラ・ツェペシという名前だった。阿朱羅丸自体は真昼の中に居た鬼であり、装備品として使用していた。

あらすじ

日本帝鬼軍に入隊した優一郎は目の前に現れたヨハネの四騎士を一人で倒すが、命令違反による謹慎で第二渋谷高校に通うことになった。優一郎は、自身の監視役である軍の柊シノアから、上司の一瀬グレン中佐の命令“友達を一人でも作らない限り謹慎を解かない”ことを伝えられる。その時、初の友達となる不良三人組にいじめられていた早乙女与一と出会う。しかし、そんな矢先に隣接していた研究所から脱走して学校に侵入した吸血鬼を倒すために優一郎は刀と銃を操り応戦し、危うく殺されかけるも、与一やグレンの協力により吸血鬼を倒す。この件がきっかけで優一郎と与一は月鬼ノ組への配属が決定した。

終わりのセラフグッズ&漫画

終わりのセラフ コミック 1-19巻セット

終わりのセラフ 百夜悠一郎 模様刀 木製 コスプレ刀 全長104cm (タイプB)

【ひなたコスプレ専門店】終わりのセラフ風 Seraph of the end コスプレ衣装 柊シノア 月鬼ノ組 ハロウィン仮装 激安 お得 シノア隊 隊服 クリスマス 戦闘服 コスチューム 制服 Sサイズ

AbemaTVとは


AbemaTV

2016年4月より本稼働を開始したライブストリーミング形式で多彩な番組を提供するインターネットテレビ局です。パソコンやスマホなどで視聴が可能で、開局から約11カ月で1.500万ダウンロードを突破するほどの人気で多くの人が「AbemaTV」を活用している。サービスとしてはニュースやドラマ、音楽といった幅広いジャンルを網羅したインターネット上で楽しむ番組の集合体です。釣りや将棋、麻雀といった趣味系やアニメにも力を入れています。

 

過去のAbemaTVの番組を視聴したい場合は有料プラン(月額960円)のAbemaプレミアムになる必要がありますが登録して最初の1か月間は過去の番組見放題!

AbemaTVのサイトはこちら↓
AbemaTV

まとめ

ということで今回は【終わりのセラフ】シノア隊のキャラまとめ│与一、君月、三葉、、、をしました。アニメを見るならAbemaTVをおすすめします。。ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました