【ONE PIECE(ワンピース)】白猟のスモーカー「モクモクの実」プロフまとめ

ONEPIECE考察

スモーカー

海軍本部大佐→海軍本部准将→海軍G-5支部中将。G-5基地長。異名は「白猟のスモーカー」。
「偉大なる航路」出身。34歳→36歳。誕生日は3月14日(ホワイトデー)。身長209cm。うお座。血液型XF型。好物はスモークチキン。趣味は陶芸・カジノ。


地肌に直接ジャケットを着ている白髪の男。重度のヘビースモーカーで常に葉巻を2本同時に吸い、ジャケットにはたくさんの葉巻が常備されている。新世界編では海軍コートを羽織りサングラスをかけ、顔の右側に傷ができている。

己の信念に基づき行動し、組織の論理に従わないことが多々あり、上層部からは「野犬」として厄介者扱いされている。過去に何度もクビになりかけ、その度に同期のヒナの弁解に救われている。

容姿・言動は荒々しくいかついが、部下を蔑ろにすることはせず、一般人にはフランクかつ穏やかに接する。「海賊はどこまでいこうと海賊」と位置づけており、藤虎同様に七武海制度には否定的である。ルフィからは「ケムリン」、G-5の部下からは「スモやん」「スモさん」と呼ばれている。


自然系悪魔の実「モクモクの実」の能力者。体を煙に変化させることができる。体の一部を煙にすることで遠距離の敵に攻撃したり、一度に大人数を捕縛したり、空中を移動をしたりすることも可能。全身を煙と化して拡散した場合、覇気による攻撃を受ける的が増えてしまうことが弱点。

武器は先端に「海楼石」を仕込んだ大型の十手「七尺十手」。新世界編では「武装色の覇気」を身につけており、腕や十手を硬化させることができるようになっている。また、煙を動力源とする水陸両用三輪バイク「ビローアバイク」を持つ。


少年期に海賊王ロジャーの処刑を目の当たりにし、その堂々たる最期に感銘を受けた過去がある。初登場時は「東の海」のローグタウン派出所勤務(海軍本部の管轄)で、階級は大佐。就任以来、町から海賊を逃がしたことは一度もなかった。

バギー・アルビダ一味を一網打尽にし、ルフィも捕えるが、革命家ドラゴンの妨害と突然の突風により逃げられる。死刑の間際にルフィが、先述のロジャーと同じ表情をした事と、ドラゴンがなぜルーキーのルフィに一目置いたのか、その疑問に決着をつけたい形で、麦わらの一味を追うべく独断で「偉大なる航路」に入る。

あらすじ

シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。旅立ち直後にいきなり遭難したルフィは、海軍に入ることを夢見る少年コビーと出会う。ルフィは女海賊アルビダを倒し、コビーを海賊船の雑用係から解き放つ。
ルフィとコビーは海軍基地の町「シェルズタウン」に到着する。「海賊狩り」の異名を持つ悪名高い賞金稼ぎロロノア・ゾロが海軍に捕らえられていることを知ったルフィは、海軍基地に乗り込み、ゾロを救い出す。三刀流の剣士ゾロは、圧政を振るう海軍大佐モーガンをルフィと共に倒し、ルフィの最初の仲間となる。二人はコビーと別れ、世界中の海賊が集まる海「偉大なる航路(グランドライン)」を目指す。

ワンピース グッズ

ワンピース DXF BROTHERHOOD II フィギュア アニメ グッズ プライズ バンプレスト ルフィ&サボ&エース全3種フルコンプセット

フィギュアーツZERO シャンクス(頂上決戦Ver.) [並行輸入品]

 

スポンサーリンク



ONEPIECE考察
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました