『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)フォージャー家まとめて紹介│ロイド、ヨル、アーニャ

動画サービス

どうも、こんにちは

 

今回は週刊少年ジャンプ+で連載されているスパイファミリーについてフォージャー家のロイド、ヨル、アーニャを紹介したいと思います。

それではいきましょう。

あらすじ

東西の間に鉄のカーテンが下りて十余年、隣り合う東国(オスタニア)西国(ウェスタリス)の間には仮初の平和が成り立っていた。

西国から東国に送られた凄腕スパイ・黄昏(たそがれ)は、東国の政治家ドノバン・デズモンドと接触するため、偽装家族を作ってデズモンドの息子が通う名門イーデン校に養子を入学させる任務オペレーション〈梟〉(ストリクス)を命じられる。黄昏は精神科医ロイド・フォージャーを名乗り、養子を探して訪れた孤児院で他人の心を読める少女アーニャと出会う。その場でアーニャが難しいパズルを解いた(実際には、黄昏の心を読んでカンニングした)ため、難関イーデン校に合格できると考えた黄昏は彼女を養子にする。実はそれほど賢くないアーニャに黄昏は四苦八苦させられるが、なんとか筆記試験に合格。しかし次の面接試験に「両親」揃って来るよう指示されたため、黄昏は急いで妻役の女性を探すことになる。

その矢先、二人はヨル・ブライアという女性と出会う。彼女は公務員をする傍らいばら姫のコードネームで密かに殺し屋をしていたが、婚期の遅れを周囲に揶揄され、他人の注目を避けるために形式上の恋人を探していた。心を読む能力によってヨルが殺し屋であることを知ったアーニャは、好奇心からヨルが母親になってくれるよう仕向ける。恋人役を探していたヨルと妻役を捜していた黄昏、そして「わくわく」を求めるアーニャの利害が一致し、3人は互いに素性を隠しつつ、即席の家族としての生活をスタートさせる。

“黄昏(たそがれ)” ロイド・フォージャー

本作の主人公。東国で諜報を行う西国のスパイ。「黄昏」はコードネームで、本名はスパイになった時に捨てた。変装が得意で、オペレーション〈梟〉では「精神科医ロイド・フォージャー」の偽装身分を用いる。並外れた戦闘力・記憶力・情報処理能力を持ち、任務ごとに様々な顔・名前を使い分ける。かつては戦災孤児で、「(幼い頃の自分のような)子どもが泣かない世界」を作るためにスパイとなった。普段は冷徹だが、本来は人間味溢れる性格で、ヨルやアーニャにも気を配る。しかし、スパイらしく合理的な考えに至りがちで、一般的な考えからズレることがある。任務のため正体を隠してアーニャやヨルと偽装家族になり、予想外の行動をとる彼女らに回されつつ任務をこなす。なお、ヨルには「死別した前妻(架空)のためにも、アーニャを名門イーデン校に入学させ良い人生を送らせようと」妻役を探していたと説明している。

“いばら姫” ヨル・フォージャー

旧姓ブライア(Briar)。バーリント市役所の女性職員。裏の顔は凄腕の殺し屋。27歳。幼い頃に両親を亡くし、殺し屋「いばら姫」として弟のユーリを養ってきた。「店長」なる人物から指示を受け、「売国奴」を暗殺する。黄昏をも凌ぐ高い身体能力を誇るが、性格は天然で妙な妄想に陥ることがある。酒癖が悪い。本人は無自覚だが整った容姿の美人。人間関係の問題や怪しまれることを回避するために、妻役を探していたロイド(黄昏)と偽装結婚しアーニャの義母となる。黄昏の工作で戸籍上は1年前にロイドと入籍したことにしている。

“被検体007” アーニャ・フォージャー

他人の心が読める超能力者の少女。推定4、5歳だが、イーデン校の入学条件を満たすため6歳を自称する。ある組織の実験体「被検体007」として生み出されたが、「お勉強」ばかりの生活に嫌気が差して逃亡。以後は自ら「アーニャ」と名乗り、能力を隠しながら施設や里親を転々としていた。任務のため養子を探しに孤児院を訪れた黄昏の素性に興味を抱き、彼の養女となる。黄昏の工作により、ヨルを含め対外的にはロイドの実子(死去した前妻との子)ということになっている。

スパイ・ファミリー漫画



SPY×FAMILY 1-2巻 新品セット

 

まとめ

ということで今回は、週刊少年ジャンプ+のスパイ・ファミリーを紹介しました。よかったら週刊少年ジャンプ+を見てみてください。ぜひ、漫画好きの人は使ってみましょう。

スポンサーリンク



動画サービス
Creator Key
タイトルとURLをコピーしました