ビカクシダ(コウモリラン)の育てるために知っておくべきこと

植物と暮らす

ビカクシダの育て方

ビカクシダとは

自然界で最もファンキーなシダであるビカクシダの世話をする方法を学びましょう。
ビカクシダは最近、観葉植物の世界で大きな注目を集めています。自然の芸術作品のように見えただけでなく、手入れや繁殖も簡単です。適切な環境が提供されると、実際には非常に大きくなる可能性があります。

ビカクシダはオーストラリア、インドネシアのジャワ島、ニューギニアで自然に見られます。エアプラントと同様に、スタッグホーンシダは着生植物です。つまり、木にしがみつきますが、寄生的な方法ではありません。土壌を必要としないため、主に葉を通して養分と水分を吸収します。なので、観葉植物としてビカクシダを育てようと検討している場合は、明るく湿度の高い場所に置いたほうがいいです。

ビカクシダの名前の由来は?

ビカクシダは、鹿の角に似た長い二股の葉にちなんでその名前が付けられました。

ビカクシダを育てるときに知っておいた方がいいこと

日光

まず、ビカクシダを置く場所は明るい間接光または拡散光を得ることができるあなたの家の暖かい場所にしましょう。しかし、ビカクシダは葉を焦がす可能性があるため、直射日光の当たる場所に置かないでください。

ビカクシダの葉が茶色または青白い色になっている場合は、直射日光が多すぎることが原因である可能性があります。解決策としては、ビカクシダは、明るい間接的な日光の下、またはより日陰のある場所で最もよく育ちます。ただし、非常に暗い場所に置くと、植物の成長が遅くなり、病気や真菌の成長が促進されます。

水やり

乾季には週に1回、涼しい季節には2〜3週間に1回水をやる程度でいいです。

ビカクシダの枝角の葉が茶色に変わっている場合、これは水やりが原因である可能性があります。ただし、枝角の葉が先端やしおれで茶色になっている場合は、水中が原因である可能性があります。なので、ビカクシダは水やりをするときは定期的にビカクシダの根元にある苔を確認してください。

毒性

ビカクシダは動物や人間に無毒です。ペットにやさしい最高の観葉植物の1つと見なされています。

害虫およびその他の問題

ビカクシダは、アブラムシやコナカイガラムシなどのカイガラムシなどの一般的な観葉植物がつきやすいです。これらの害虫を駆除するには、植物に殺虫性石鹸をそっとスプレーするようにしましょう。

まとめ

ビカクシダの育て方を学ぶことは、湿度、光、温度の制御に大きく依存します。この記事が参考になれば幸いです。

植物と暮らす
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。ハンドメイドでミニチュア作品を作ったり、植物を見るのが好き。個人ラジオ「鹿丸日記」連載中。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました