理系大学生が植物の勉強を始めた記録【コラム】

Essey/Column

植物の勉強を始めました。

 

もともと自然が好きで、大学ではコンクリートと有機物とを配合した自然と共生できるものを作りたいと思い入学しました。

今は、自分が通う大学でコンクリートの勉強をしていますが、ちょっと違うなと感じていろいろと自分の生きる道を考えていたところ、植物の勉強を始めようと思いました。

 

カテゴリー名の「植物と暮らす」で勉強したものをアウトプットしていくのでよかったら見てもらえると嬉しいです。

 

雑談│アミノ酸コンクリートというものをぜひ知ってほしい

僕が、そもそもコンクリートを勉強したいと思ったきっかけは、清水建設のグリーンフロートというプロジェクトをテレビのCMで見たのがキッカケでした。

 

もう正確な年齢は覚えていませんが、確か中学生くらいだったと思います。

そこから大学に行くにはもっと細かいことを勉強しないといけないことを知り、そこでネットで調べているとアミノ酸コンクリートに出会いました。

 

アミノ酸コンクリートとは何かというと、有機物であるアミノ酸をコンクリートに混ぜ込み、海に入れると、アミノ酸が昆布や藻などの海藻類の栄養となり、コンクリートから海藻類が生えてくるコンクリートのことです。

海藻類がコンクリートから生えてくることによって、魚の住処になり結果自然と共生しやすい仕組みを作っています。

 

これを読んですごっと思ってしまいコンクリートの勉強をしようと思いました。しかし、コンクリートかつ環境が学べる大学の学科に入学はできたものの、僕の大学ではコンクリートの強度のようなコンクリートと何かを合わせて作るという感じではなかったのでちょっとがっかりという感じでしたが、今は理想のものに出会えてよかったです。

ボタニカルアートというものを知る

ボタニカルアートというものを知ったのでちょっと更新します。

ボタニカルアートとは普通の植物の絵ではなくて、植物のそのままをリアルに描いた絵のことを言うそうです。なので、自分の想像した絵を描いている人にはあまりおすすめはしません。スケッチに似てますね。他にもYoutubeを見ていたら植物を使ったハンドメイドをしている方の動画を見て、ボタニカル作家という職業もあることを知りました。

僕自身も植物のイラストは描いていますが、こういう道に進んでいる人もいることを知りちょっとワクワクしました。

園芸店にインターンに行ってきた

園芸店にインターンに約2週間行ってきました。植物を知る機会にはとてもよかったです。学んだ知識は『B-PLAYGROUND』の記事に書いていきます。

 

 

また、何かあれば更新していきます。

Essey/Column
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。ハンドメイドでミニチュア作品を作ったり、植物を見るのが好き。個人ラジオ「鹿丸日記」連載中。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました