私が今月おすすめする”本”

【多聞柱サボテン】サンペドロサボテンの育て方

植物と暮らす

サンペドロサボテンは、あらゆる空間を活気づけるのに最適な観葉植物です。サンペドロサボテンを育てる手順は、まずは土を購入し、そして鉢を購入しましょう。

そして、以下からはサンペドロサボテンの育て方について解説していきますので、参考になれば幸いです。

サボテンのおすすめの鉢は?

ツールを入手したら、最初のステップは鉢に適切な土を入れることです。サンペドロサボテンに適した土壌は、何よりもまず、簡単に排水できる多孔質です。これは、水がサボテンの根元を腐らせないようにするためです。サンペドロサボテンは、乾燥した気候で自然に成長するため、乾燥した土壌も好きです。次のような材料を追加することで、土壌をより多孔質にすることができます。また、水の排出を促す粘土質の鉢を使うことによって通気性はとてもよくなります。

サンペドロサボテンの水やりの頻度

週に1回サボテンに水をやることをお勧めします。種子からサボテンを育てる場合は、土から芽が成長し始めるまで、週に2回水をやることをお勧めします。行う方法の1つは、サボテンを約2インチの水で満たすのに十分な大きさのシンクを埋めることです。

寒い時期になったら水やりをやめましょう。サボテンは10月から4月の間に休眠状態になり、この間に水をやると腐敗が早くなります。水をやりすぎると、バクテリアはサボテンを育てて感染させるのに理想的な環境になります。気温が低いと、サンペドロサボテンに適切に水をやることができなくなる可能性もありますので気を付けましょう。

サボテンは太陽が大好き

サンペドロサボテンはもともと砂漠の植物であるため、純粋な日光がたくさん必要です。特に苗の場合は、サボテンをゆっくりと日光に当てることから始めます。苗木は直射日光の当たる場所で燃え、死んでしまう傾向があります。

サボテンに日光を当てるには、日光とともに日陰になる位置にサボテンを置じゅことをおすすめします。また、正午の日光よりも強度が低い朝または夕方の日光にサボテンを導入することから始めることもできます。サンペドロサボテンがあれば、大きな植物の陰の下に置くこともできます。

屋内でサボテンを栽培している場合、慣れると日光がさらに必要になります。窓やベランダの近くなど、日光がよく当たる場所に置くと、太陽から必要な栄養素を得るのに役立ちます。サボテンが直射日光の当たる屋外にある場合は、乾きが早くなるので、常に水をやりましょう。

サボテンの水やり│水のやりすぎは危険?

サボテンに水を与えすぎると、バクテリアや病気が繁殖するための温床になります。サボテンが元のサイズのほぼ2倍に膨らむと、水が溢れていることがわかります。サボテンの茎も通常、水で飽和状態になるため、1つまたは複数の場所で裂けて開いたりする場合があるのでそういった症状が見えたら水のあげすぎだと思ってください。

他にも水やりをしすぎるとサボテンが腐り始めます。腐ったサボテンは通常茶色に見え、触るとどろどろした感じになります。このような症状が出た場合は、しばらくの間サボテンに水をやるのをやめてください。また、水をかけた鉢から取り出して、より新鮮で乾燥した土が入った鉢に入れるのも良い考えです。

サボテンの日焼けによるダメージの影響

日焼けは、サボテンが直射日光にさらされすぎたときに発生します。サボテンの上部や尾根が白っぽく見え、やけどがひどい場合はサボテンが暗褐色になります。症状が見えたら、できるだけ早く日陰の場所に持っていきましょう。サボテンがすでに茶色のカリカリに焼かれている場合、損傷は元に戻せません。日焼けが起こらないようにするには、毎日短時間、完全な日光にさらし、直射日光の当たる時間を数週間かけてゆっくりと増やします。

サボテンを寒いところに置かないで!

最後に、霜害は、凍結温度にさらされた植物細胞が死に始めたときに発生するものであり、その結果、サボテンの状態が悪くなります。これを防ぐには、サボテンを室内に入れたり、防水シートで覆ったりすることで、寒さが直接サボテンに過度の影響を与えるのを防ぐことができます。

まとめ

今回はサンペドロサボテンの育て方について書きました。また、学びがあれば書き加えていきます。

植物と暮らす
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。DIYや読書、植物観賞が趣味。Podcast「植物男子のおうち時間」連載中。将来はクッキングパパになりたいと思うこの頃。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました