~ブログ集客の相談~

キングダム

動画サービス

【キングダム】呂不韋四柱の一人・蒙武(もう ぶ)のプロフィールまとめ

呂不韋四柱の一人で秦国将軍→大将軍→筆頭大将軍。蒙驁の子であり蒙恬・蒙毅の父。得物は大錘。 戦闘方法は、己の武力を筆頭に士気を高めた兵で一気に押し潰す、軍師泣かせの力技。列国からは猪突猛進という評価を受けているが、兵の士気を上げるために戦を使って練兵をする等、軍への理解は深い。
動画サービス

【キングダム】山民族王兼秦国大将軍・楊端和(よう たんわ)のプロフィールまとめ

女性ながらその武力は山界一とされ、自ら先頭に立って統合していった。幼少より世界を広げたいと考えており、かつてない国の広がりを求めて、政と強固な盟を結び王都奪還に力を貸した。 奪還後も戦に明け暮れ、さらに北の匈奴討伐のため大軍を引き連れて北上中、匈奴軍十万以上が屍となっている光景を目の当たりにし、その事態からそれを成した人物への注意を政に伝えた。
動画サービス

【キングダム】秦国筆頭大将軍・蒙驁(もう ごう)のプロフィールまとめ

秦国筆頭大将軍。「白老」の異名を持つ。蒙武の父にして、蒙恬・蒙毅の祖父。得物は矛。 元々は斉国出身。伍長から昇進を重ねてきた歴戦の将であったが、廉頗によって幾度も敗北させられたことから故郷での出世の道を諦め、蒙武と共に秦へ移住。 自ら前線で武勇を示すのではなく本陣で全体の指揮を執り、不利な戦況でも柔和な笑みを崩さずどっしりと構えている。攻城戦を得意とし、戦闘で負傷した部隊への見舞いや兵卒に対しても親愛のこもった檄を飛ばすなど、末端への配慮も欠かさない。六大将軍のことは偉大さゆえに嫌っていた反面、憧れ尊敬してもいた。 周囲から凡将との評価に反し、人材登用においては中華一と評される。考えに行き詰まると一兵卒に変装し、自軍陣営内を徘徊する癖がある
動画サービス

【キングダム】李牧(り ぼく)のプロフィールまとめ

どこか涼しげで飄々とした立ち振る舞いで穏やかな性格をしているが、中華でも指折りの知略と自ら敵中に飛び込んで敵将を討てるほどの武勇を持つ知勇兼備の英傑。 馬陽編では、中盤にカイネ達とともに河了貂と蒙毅達がいた廃砦に現れる。実は訪れる前に十万の匈奴を誰にも知られずに討伐し、終盤で四万の軍を率いて参戦。秦六将・王騎を討つきっかけを作った。その功から、趙国宰相となる。 馬陽戦後に呂不韋と秦趙同盟を締結し、その間に燕へ侵攻し燕国大将軍・劇辛に圧勝した。
動画サービス

【キングダム】新・趙国三大天の龐煖(ほう けん)のプロフィールまとめ

新・趙国三大天の一人。武神と称する大男で、ざんばらに伸ばした髪と顔の傷が特徴。得物は大矛。 人を超えた存在になることを目指しており、他の強者の存在を許さず、かつて秦軍本陣を襲撃し秦六将・摎を殺害。その直後、激情に駆られた秦六将・王騎に斬られ敗北。この因縁から、王騎を討つために李牧の誘いに乗って馬陽戦で趙軍総大将となる。 馬陽編では夜襲を仕掛け、飛信隊を半壊させ信と羌瘣を圧倒的な実力で追い詰めるも決着には至らなかった。決戦日では、王騎との一騎討ちで横槍を入れられたものの致命傷を負わせ、立ち去った。
動画サービス

【キングダム】王翦(おう せん)のプロフィールまとめ

恐ろしい形相を模した鎧に身を包み、目元を隠す仮面を付けている。秦六将・胡傷に「軍略の才だけで六大将軍の席に割って入ることの出来る」、三大天・廉頗から「白起に匹敵」、秦国内では「王騎と同等」と評価される名将だが同時に秦国一の危険人物とされ、長年冷遇されていた。その理由として、自らが王になりたいという野望を抱えているという噂があるためである。蒙鰲の下で一緒に副将を務めていた桓騎からは「負ける戦は絶対にしない」と評する。
動画サービス

【キングダム】秦国将軍・桓騎(かん き)のプロフィールまとめ

かつて落とした敵の城の住民全員の首を自ら斬り落とした逸話から「首斬り桓騎」の異名を持ち、将軍となっても投降兵諸々を殺してしまう残忍な性格の持ち主。傲岸でもある一方、蒙驁には敬服している。砂鬼一家の中に桓騎軍の最古参を名乗る者がおり、桓騎の中にある根源は「全てへの激しい怒り」であることを那貴に語っていた。傘下の兵や将校達は元々はそれぞれ別の野党団であり、それらを一つ一つ説得したり、潰したりしていった。
動画サービス

【キングダム】秦国六大将軍・王騎(おう き)のプロフィールまとめ

かつて昌文君と共に昭王に仕え、中華全土から讃えられた武人。本家の王翦らと違い、分家の出。ありとあらゆる戦場にどこからともなく参戦し、その武で猛威を振るったことからついた異名が「秦の怪鳥」。個人的武勇と戦場全体を見渡せる知略の双方を兼ね備える、最強の六大将軍。また摎の出生の秘密を知る一人であり、想われ人でもあった。
動画サービス

【キングダム】王騎傘下筆頭将軍・騰(とう)のプロフィールまとめ

常に王騎の傍に控えており、普段は飄々としてポーカーフェイスを崩さない御茶目な紳士だが、実力は王騎からは「私に見劣りしない」評価しており、呉鳳明がその実績と経験から秦国の武将の中で1番警戒している程。王騎へ答える時は、「ハ。○○です」と答えることが多い。片手に持った剣を高速回転させ、撫で斬りにする。その際、「ファルファルファル」という独特の擬音が出る。 馬陽編では、終盤で趙軍本陣に突撃して趙将軍・趙荘を討ち取り、その後で王騎から王騎軍の全てを託された。
動画サービス

【キングダム】羌瘣(きょう かい)のプロフィールまとめ

今回はキングダムのきょうかいを紹介をしました。アニメ3期もとても楽しみですね。漫画でも読んでみましょう。
タイトルとURLをコピーしました