~ブログ集客の相談~

ハンターハンター

動画サービス

『HUNTER×HUNTER』幻影旅団/フィンクス=マグカブのプロフまとめ

旅団の初期メンバーの1人。短気で豪放な性格で、フェイタンと並ぶ旅団内のタカ派。普段はエジプト風の衣装をまとっているが、外を出歩く時はジャージを着用していることが多い。腕力は団員内ではウボォーギンに次ぐ2番手で、体格はフランクリンやヒソカ未満ながら力は上。念を使わずにキルアの攻撃を全て防いだり、逃げるゴン達を一瞬で追い抜いて先回りするなど、体術にも優れている。メンバーよりも団のルールを優先するタイプで、そのために鎖野郎(クラピカ)追跡の際には他の団員と揉めたりもした。しかし、キメラ=アントに変異させられてしまった同郷の者達をあえて自分の手で葬ったり、クロロの除念の報告を待ち続けたり、パイクとの戦いで服を損傷したシズクに上着を着せてやるなど、根底の部分の仲間意識は強い。
動画サービス

『HUNTER×HUNTER』幻影旅団/フェイタン=ポートオのプロフまとめ

旅団の初期メンバーの1人。愛称は「フェイ」。鋭い眼光を持つ黒いマントを纏った小柄な男性で、会話では語尾に「ね」を付けたり「っ」の発音を抜いたりなど特徴的な口調で喋る。激怒した時には、本来の自分の言語である漢語のような話し方に変わる。ヨークシンで殺したマフィアの「家族を辱める」という言葉に対して「家族? 何それ?」と発言していた様子から、家族はもともといなかったと思われる。旅団の中では小柄(カルト入団前は旅団中で2番目、カルト入団後では3番目)ながら腕力は高い(13人中5位)。
動画サービス

『HUNTER×HUNTER』幻影旅団・ノブナガ=ハザマのプロフまとめ

旅団の初期メンバーの1人。常に刀を所持しており、ウボォーギンと共に旅団の特攻役を務める居合いの達人。半径4mの「円」を使う。ウボォーや自分と性分の似ているゴンを気に入り、ゴンを団員の欠員補充として(ゴンの意思は無視して)強く推薦した時のように、気に入った相手に対してフランクに接する傾向がある。旅団内でもやや我が強い傾向があり、他のメンバーと言い争いになることも少なくないが、旅団には絶対の忠誠を誓っている。ウボォーギンとは旅団結成前からの親しい仲であり、彼が殺された時は怒り狂い涙を流し、クラピカに対して復讐を誓っている。腕相撲の強さでは、フランクリンからは「7,8番てとこ」マチからは「弱くもないけど強くもない」と評されている(単行本おまけページにて13人中9位と明記されている)。チョンマゲ着流しに帯刀が本来の格好だが、場合によっては髪を下ろしてラフな洋服姿にもなる。
動画サービス

『HUNTER×HUNTER』幻影旅団・クロロ=ルシルフル【盗賊の極意(スキルハンター)】のプロフまとめ

幻影旅団を創設した人物で、旅団のリーダー。鋭い思考力・洞察力、そしてヒソカが興味を惹くほどの高い戦闘能力を持つ。自他共に認める本好きで、普段から大抵何かしらの書物を読み耽っている。オールバックの髪型に額の十字架の刺青、耳たぶに付けたイヤリングが特徴的。出歩く際には髪を下ろすこともあり、その時は外見がかなり若返って見える。旅団としての活動を行う時以外は姿をくらましているらしく、普段はヒソカですらその居所をつかめない。
動画サービス

『HUNTER×HUNTER』幻影旅団・マチ=コマチネ(MATIY KOHMATYNEIT)念糸縫合のプロフまとめ

ストーリー上では最初に登場した旅団員である。天空闘技場にてヒソカの負傷を念能力によって治療しており、彼とは旅団の活動外でも付き合いがある。非常に勘が鋭く、旅団内でも一目置かれている。クロロや団員に対しては強い仲間意識を持っており、特にクロロに対しては強い思い入れがあるようで、クロロがクラピカに攫われた際は、ノブナガと同様に迷うことなくルールよりもクロロの命を優先し、ルールを優先しようとするフィンクス達は交戦してでも止めようとした。また、ウボォーギンが殺された可能性が出てきた時は比較的冷静だったのに対し、ヒソカがクロロと対戦して自分が勝った(つまりクロロを殺した)場合はどうするかをヒソカに聞かれた際は、どこまでも追いかけて自分がヒソカを殺すと発言した。その一方、クロロとの対戦でヒソカが死亡した時には(その後、念で復活)、クロロの除念をしてくれた事に対して感謝していた。そして、ヒソカの身体を治療しようとして断られたため帰ろうとしたところ、オーラで拘束され、「旅団全員に『団員と遭遇したら殺すまで戦う』と伝えて」と頼まれ、激昂した[注 2]。原作では髪の色はピンクだが、第1作アニメ版では紫になっていた(第2作で原作準拠となっている)。
動画サービス

【HUNTER×HUNTER】メルエム / キメラ=アントの王のプロフィールまとめ

NGLで誕生した後、レアモノ(念能力者)を捕食するため、直属護衛軍と巣から旅立ち、東ゴルトー共和国に進出。総帥を殺害し国を乗っ取る。500万人の国民に暴力を用いた「選別」計画を実行し、念能力者の軍隊を作ろうとする。当初は暴君として振舞い、人間を家畜としか考えておらず、暴力による恐怖で支配する恐るべき王として君臨していた。
動画サービス

【HUNTER×HUNTER】ビヨンド=ネテロのプロフィールまとめ

ハンター協会元会長のアイザック=ネテロの息子を名乗る男性。顔に大きな×十字の傷痕があり、古代中国の武将のような身なりをしている。 カキン帝国が暗黒大陸に進出を宣言した際、総責任者として表舞台に現れる。ハンター協会も存在を把握していなかった。 父ネテロを髣髴とさせる容姿や話し方、人を惹きつけるカリスマ性を持ち、ネテロに心酔しているハンター十二支んの面々は、彼の演説に心を揺れ動かされている。現時点では実息である確証はないのだが、チードルなどは印象から確実視している。
動画サービス

【HUNTER×HUNTER】シュート=マクマホン/浮遊する3つの手のプロフィールまとめ

モラウの弟子。ネテロからゴンとキルアと対決する事を命じられる。NGL行きを賭けてキルアと決闘し、勝利したため、討伐隊に決まりNGLへと向かう。キメラアントの巣に侵入後、操られたカイトに遭遇し、ナックルと共に戦い、念能力で保護する。極度の弱気でチャンスを逃してしまうことが多い。裏を返せば非常に理性的で慎重な性格であり、感情的なナックルとはしばしば言い争いになる。
動画サービス

【HUNTER×HUNTER】ナックル=バイン/天上不知唯我独損(ハコワレ)のプロフィールまとめ

ビーストハンター。放出系能力者。モラウの弟子。不良番長のような容姿の男性。 戦歴5千、体術もカイトにひけをとらない実力者。反面、精神的に優しすぎることが欠点。荒っぽい言葉の裏で、情に厚い行動をとる。長所は逃げ足で、ガイゼルのように最高速度を維持したままで走る。能力を活かすために、自他のオーラを数量化して把握することに長け、暗算が速い。
動画サービス

【HUNTER×HUNTER】ノヴ/4次元マンション(ハイドアンドシーク)のプロフィールまとめ

ノヴ プロハンター。具現化系能力者。 ネテロが連れて来たキメラ=アント討伐隊の1人。ネテロも信頼する実力者。パームの師匠。前線に出向いたが、能力は支援向き、だがチームの生命線となる特殊人材。本命の突入作戦の前準備のた...
タイトルとURLをコピーしました