D.Gray-man

D.Gray-man考察

【D.Gray-man】ラビのプロフまとめ│「鉄槌(てっつい)」

ブックマンの一族の者で、次期ブックマン後継者である青年。現在は記録のために、エクソシストとしてブックマンと共に教団に所属している。対アクマ武器は装備型の「鉄槌(てっつい)」。 本名は不明で、ブックマンの跡継ぎとなった時に本当の名を捨てたらしい。現在の名称「ラビ」は「49番目の名前」で、エクソシストになった時に付けたもの。教団に入る前の記録地(ログ)での名前は「ディック("dick")」。
D.Gray-man考察

【D.Gray-man】神田ユウのプロフまとめ│「六幻(ムゲン)」

エクソシスト元帥の一人であるフロワ・ティエドールの弟子。対アクマ武器は「六幻(ムゲン)」で、装備型であったが、後に結晶型となる。 切れ長の目の青年で、長く真っ直ぐな黒髪を普段はポニーテール状にしている。作者公認の美形キャラ。クールに見えるが、短気でキレやすい性格。たまに舌打ちをする癖がある。他人との接触を嫌っており、単独行動を好む一匹狼。周囲に対する態度も厳しく、他人の命を顧みない考えから、彼を良く思わない者も多い。アレンなどから、様々なあだ名で呼ばれている。
D.Gray-man考察

【D.Gray-man】アレン・ウォーカーのプロフまとめ│神ノ道化(クラウン・クラウン)

エクソシストの一人である少年。対アクマ武器は寄生型の「神ノ道化(クラウン・クラウン)」。 黒の教団に所属するエクソシスト元帥・クロス・マリアンの弟子。作中の序盤ではまだエクソシストではなく、クロスの紹介(指示)により黒の教団へ向かい、入団後は彼も正式なエクソシストとなった。当初は儚げな雰囲気を持っていたが、物語が進むごとに成長し、たくましい顔立ちになってきた。
タイトルとURLをコピーしました