私が今月おすすめする”本”

【多肉植物】ブロンズ姫の栽培記録|葉挿しの結果も

植物と暮らす

【多肉植物】ブロンズ姫の育て方

置き場所はどこがいい?

ブロンズ姫は、日光の当たりやすい場所で育てるようすると本来のブロンズ姫の赤みの色になります。葉っぱは先端が上に突き出しているのが元気な証拠ですが、日光量が少なすぎると垂れ下がってしまいます。

また、直射日光を当てる際は葉焼けしないように調整してください。窓際のカーテン越しが一番育てやすいと思います。

水のあげ方

土が乾いたら水を上げましょう。

毎日水をあげるのではなく、土が乾いたなと思ったら上げることがポイントです。特に冬の場合は水のあげすぎで根腐れが起こります。気を付けましょう。霧吹きで水をあげています。

肥料は何がいい?

基本的に肥料入りません。

多肉植物は本来砂漠地帯で育つ植物です。なので、基本的には肥料を上げることは必要ありません。元気がないと思った場合は、日光に当ててあげることをおすすめします。また、肥料をあげるとしても少量にしておきましょう。

ブロンズ姫の葉挿し(はさし)

葉挿しとは

多肉植物の中には葉をはずすと取れた葉の接続部から、芽や根が出て新しい個体に生育する方法を葉挿し(はさし)と言います。

ブロンズ姫(葉挿し2週間後)

まとめ

また、更新していきます。

植物と暮らす多肉植物
EDITOR
鹿丸

B-PLAYGROUND運営。
愛知県在住│フリーライター
1998年生まれ。DIYや読書、植物観賞が趣味。Podcast「植物男子のおうち時間」連載中。将来はクッキングパパになりたいと思うこの頃。

鹿丸をフォローする
スポンサーリンク



B-PLAYGROUND
タイトルとURLをコピーしました